TOP
PEOPLE
Taro

EC Technology Supervisory Department
EC Incubation Development Department
Application Engineer
Taro
芸術工学部卒 
2017年入社

現在担当している仕事内容は?

楽天が展開するフリマアプリ「ラクマ」の開発グループで働いています。私が所属するCRE(Customer Reliability Engineer)チームの主な仕事は、CS業務に必要な機能の開発。CSチームから提出された案を元にクォーターごとに開発する機能を決め、チームメンバーと綿密に内容を擦り合わせてから開発に入ります。なるべくスピーディーかつバグを出さないようにしつつ、ラクマではテストコードもしっかり書きます。そして、開発が終われば動作確認です。時にはこのタイミングで追加要望が出てくることもあって、その場合にはできるだけ柔軟に対応するよう心がけています。確認と修正を繰り返していき最終的にリリース、というのが大まかな仕事の流れです。また、仕事の内容はCS関連だけに限定されるわけではありません。プッシュ通知システム周辺の改善でアプリ開発チームと協力することもありますし、楽天技術研究所(RIT)やインフラチームと連携して、ラクマでの不正を取り締まるシステムをリリースするなど、関わる範囲が多岐にわたるのも魅力です。

あなたにとって、楽天で働く理由とは?

チーム内には論理的な考え方をする人が多く、働く中で理不尽なことを言われるようなことも無いので、ストレスなく集中して仕事に臨めています。自分のチームについて言えば、元々2012年に創業し、のちに楽天が買収したスタートアップが母体ということもあって、大企業に居ながらにして新鮮かつ勢いがあり、いい意味でゆるさのあるスタートアップ独特の雰囲気を感じながら働けるところも気に入っています。
カフェテリアの食事が無料であること、有給休暇が気軽に取れるのも嬉しいポイントです。

学生に向けてメッセージを

開発は未経験だけどエンジニアの仕事に興味を持っている、という人こそ、ぜひ楽天に来ていただきたいです。今のチームや社内にも、未経験からエンジニアになった人はいますし、僕自身も入社するまではそれほどプログラミング経験が豊富というわけではありませんでした。それでも、確実に、スピーディーに成長できる環境がここにはあります。もちろん、入社直後には業務のスピード感に驚かされることもあると思います。実際に、入社までの短期間でTOEIC800点を取れなかった場合、内定は取り消されますと人事の方から笑顔で言われ、いざ入社してみると英語しか話せない人がメンターだったり、入社して3ヶ月も経たないうちにサービスがクローズすることが伝えられるなど驚くことがたくさんありました。しかしそういった壁を乗り越えていくごとに、自然と自分が成長していることを感じます。
このダイナミックな動きを、ぜひみなさんにも体験して欲しいと思います。

1日の仕事の流れを教えてください

部署の朝はチームごとに分かれて行うスタンドアップ・ミーティングで始まります。ここで前日までの進捗、その日のTODOを共有し、業務に取りかかります。今のチームでは業務中に必要以上にミーティングが入ることはなく、業務時間の大半は開発に集中することができています。業務後は極力早く帰りますが、チーム内の有志で行なっている勉強会に参加することもあります。また、1日の流れの中で食事を社内で摂れるのは大きなメリットだと個人的には思います。ランチはもちろん、帰宅が遅くなる日は夕食も。社内に3か所あるカフェテリアはフルに活用させてもらっています。

SCHEDULE

09:00
出社後、ラクマ開発グループでは、チームごとにStandup MTGを行い、昨日と今日のタスクを毎朝チーム内で共有しています。
10:00
先日、CS(カスタマーサポート)と決めた仕様を元に、CS業務のための新しい機能の開発を進めていきます。
11:00
ランチ。カフェテリアは基本無料で利用できるので助かります。9Fと22Fでメニューが違うので、その日の気分で使い分けています。
12:30
週に一度CS開発のプロデューサーの人たちとMTGを行い、進捗報告や今後の開発スケジュールのすり合わせを行います。
14:00
もくもくと開発。午前中とは別の機能開発を進めながら、開発が終わったものは動作確認に回して円滑に進めていきます。
17:30
週に一度の勉強会では、チームのメンバーと技術書の輪読を行なっています。特に予定がなければこの時間には退社することも。
19:00
退社。ときは夕食も社食で食べて帰ります。もちろん夕食も無料で美味しいです。

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

< 一覧へ戻る

募集要項