CULTURE


世界中から優秀な人材が集まるダイバーシティあふれる環境

ダイバーシティ

ダイバーシティは、楽天の重要な企業戦略のひとつです。
私たちは、世界中から優秀な人材を雇用したいと考えています。
ダイバーシティを推進すること自体が、優秀な人材が楽天にきてもらうことにもつながっています。
インターネットは、国境を越えてつながるグローバルネットワークです。
楽天はそのインターネットを通じてサービスを提供していることから、
世界中のお客様の要望に応えていくために、私たちの組織でも、ユニークで多様な視点を生み出す
ダイバーシティが実現されている必要があるのです。

READ MORE
(コーポレートサイトへ)
Englishnization

2010年、社長の三木谷が社内英語公用語化を打ち出し、
約2年間の移行期間を経て、2012年7月より社内公用語を英語に正式移行しました。
社内公用語英語化は、「世界一のインターネットサービス企業を目指す」
楽天がグローバルなビジネス環境で競争に勝っていくために必要不可欠でした。
社員に対しては間違いを恐れずにシンプルな英語(Plain English)で積極的に
コミュニケーションを行うことを推奨しております。

ONE LANGUAGE
ONE TEAM

国内外のグループ各社を含めた楽天グループとして

を推進するために、社内英語公用語化は避けては通れない必要条件だと考えています。

オフィス環境

CRIMSON HOUSE

人が、アイデアが、
OPENに行き交う。
まったく新しいWORK x LIFEで、
世界を動かそう。

「楽天クリムゾンハウス」は、人とアイデアがOPENに行き交う場所。
創業の頃から大切にしてきた、働く環境へのこだわりがつまったオフィスです。
「それ、今すぐ話そうか?」
仕切りのないデスク、フロアのあちらこちらにあるオープンスペース。
世界中にいる社員がまるで隣で話しているようなビデオ会議システム。
最新のWORK環境を実現しています。

READ MORE
(コーポレートサイトへ)
WORK
× LIFE STORIES

社員が最大限に能力を発揮し活躍してもらえるよう
「働く」をサポートする環境づくりを大切にしています