キャリア開発

CAREER DEVELOPMENT

楽天グループでは、社員一人ひとりが、楽天のミッションである「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」ことができるよう、自律的なスキルアップをサポートする様々な研修プログラムを用意しています。
評価制度においては、社員が、行動・成果に対し正当な評価を受け、ステップアップできる環境を提供しています。

TRAINING
PROGRAMS

研修プログラムについて

階層別研修

組織でより大きな裁量を持ち活躍していくための知識やスキルを身につけるための研修プログラムです。

[研修プログラムの一例]

新卒社員対象
新入社員研修など
新卒研修ページ(ビジネス職)を見る
若手社員対象
ロジカルシンキング、タイムマネジメント、メンター研修など
中堅社員対象
プロジェクトマネジメント、問題解決能力研修など
管理職対象
マネジメント、リーダーシップ研修など
全従業員対象
データ研修など

グローバルリーダーシップ開発研修

Englishnization(社内公用語英語化)は、人材の多様化による議論の深化や、世界中の優秀な人材の獲得等の多くの成果につながりました。現在では70を超える国と地域の社員達が一堂に働いています。こうした環境の中で、よりイノベーションを加速するため、多くの社員がグローバルリーダーシップ開発を目的とした研修プログラムに取り組んでいます。

英語研修
必要に応じて、英語でのコミュケーション力向上のための研修を受講できます。
日本語研修
外国籍社員を対象に、オンラインでの日本語研修を提供しています。
クロスカルチャー研修
多文化チームでの効果的なコミュニケーションや信頼構築に必要なスキルを学びます。
グローバルリーダーシップ研修
世界有数のビジネススクールへの留学支援などを提供しています。

その他

テック職種向け研修
テック職種向けの研修プログラムがあります。
エンジニア対象の研修について

PROFESSIONAL
GROWTH

自発的なキャリア開発を促す仕組み

1on1
Feedback Meetings

1on1ミーティングによるフィードバック

社員一人ひとりが最大のパフォーマンスを発揮できるよう、定期的な1on1ミーティングの仕組みを2018年より導入。上司・部下間の信頼関係をより強固なものにし、相互のフィードバックを通じてお互いが学び続けることができる、そうした「学習する組織」を目指すための取り組みです。

「1on1ミーティング」が生み出す、楽天流・コンピテンシー開発

Internal
open position system

社内オープンポジション制度

楽天の特徴的なキャリアパスプログラムとして、「オープンポジション制度」があります。これは、プロジェクトや部署が新たな人材を必要とするとき、外部へ募集をかけるだけではなく、社内でも希望する人を募るという制度です。自ら未来を切り拓こうとする強い志をもった社員のキャリアの挑戦をサポートし、成長の機会を提供するための仕組みのひとつです。

PERFORMANCE
CYCLE

コンピテンシーと
パフォーマンスに基づく評価制度

楽天グループ株式会社の評価制度は、「コンピテンシー評価」と「パフォーマンス評価」から成り立っており、半年に1回、評価を行います。
「コンピテンシー評価」は、期待される行動を継続的に発揮できていたかを評価軸としており、その評価は給与に反映されます。
「パフォーマンス評価」は、期初に設定した目標に対する行動の結果もたらされた成果・業績を評価軸としており、その評価は賞与に反映されます。
社員の勤続年数に関わらず、行動・成果に対し評価を行い、成長を促す仕組みを提供しています。

楽天主義を反映した
「コンピテンシー評価」項目

コンピテンシー評価の項目は、楽天主義の中の「成功の5つのコンセプト」において求められている11個の要素から定義されており、その評価により、いずれかの格付け(B, BB, BBB, A, AA, AAA)に分類されます。また、各格付けにおいて求められるコンピテンシーの内容を明示することで、各社員のコンピテンシー開発を促しています。

[コンピテンシー評価(11項目)]

常に改善、常に前進
1.チャレンジ 2.革新 3.Get Things Done
仮説→実行→検証→仕組化
4.戦略策定 5.人・モノを動かす 6.仕組化
スピード!!スピード!!スピード!!
7.スピーディーな判断
Professionalismの徹底
8.当事者意識 9.人材育成 10.チームビルディング
顧客満足の最大化
11.顧客価値の向上