Rakuten Social Accelerator

楽天のテクノロジーやビジネスアセットを活用し、社会課題の解決に取り組む団体を支援するアクセラレータープログラム。課題解決に最前線で取り組む団体と、IT企業の第一線で働く社員が協働することで、社会課題解決を加速させます。

3月15日(金)より、起業家エントリー開始しました!こちらをご覧ください。

Rakuten Social Acceleratorについて

「Rakuten Social Accelerator」では、社会課題の解決に取り組む団体と楽天社員がプロジェクトチームを組成し、テクノロジーを活用した社会課題解決に取り組みます。
市場分析、オンラインマーケティング、Eコマースなど、楽天ならではの知見を生かし、約半年間にわたり協働します。このプログラムでは、単なるアドバイザリーにとどまらず、アウトプットを重視します。2018年のプログラムでは、新サービスのリリース、新プログラムの実証実験、ビジネスKPIの改善などの成果がありました。

知る:インターネットを活用し、サービス利用者をより深く知る
創る:サービスをオンライン化し、ステーラブルな事業構造に転換
伝える:デジタルマーケティングで、より多くの利用者にサービスを届ける
解決する:持続可能な事業を目指したマネタイズサポート
管理する:楽天流KPI管理で、目標を超スピードで達成できる仕組みを導入
守る:事業拡大につれて重要性を増す、システムセキュリティの向上を図る

<昨年の実施例>

  • STEAMプログラムの実証実験
  • サイトのCVR改善、動画でのオンラインプロモーション
  • サービスのオンライン化、営業ツールの構築

応募要項

応募条件

  • 社会課題を事業により解決しようとする団体であること(法人の種別は問いませんが、個人での応募はできません)。
  • 顧客/受益者に対してサービスやプログラムを提供しているなど、すでに事業や活動を開始していること。
  • 楽天クリムゾンハウス(東京都世田谷区)にて開催される以下のイベント・打ち合わせ等に出席可能であること。
    • 最終選考会(2019年6月5日(水)予定)
    • 協働期間中の月次ミーティング
    • 中間発表会(日程未定)
    • DemoDay(2019年12月実施予定)

協働団体数

5団体程度

協働期間

2019年6月17日(月)~2019年12月31日(火)

協働方法

団体と楽天社員によるプロジェクトチームを組織し、プロジェクトゴールを設定して協働

資金提供

80万円(プロジェクト開始後に寄付金として提供)

選考の流れ

  • 2019年3月15日(金)~4月22日(月):エントリー
  • 2019年4月4日(木):プログラム説明会(社会起業家向け)
  • 2019年6月5日(水)予定 :最終選考会
  • 2019年6月17日(月)~12月31日(火):協働期間
  • 2019年12月:成果発表会 ※予定 

エントリー開始しました!こちらをご覧ください。

2018年度プログラム参加者

Rakuten Social Accelerator

Rakuten Social Accelerator

参加した社会起業家の数

6団体

Rakuten Social Accelerator

Rakuten Social Accelerator

参加した従業員の数

80

Rakuten Social Accelerator

Rakuten Social Accelerator

ボランティア時間数

5,390時間

  • 2018年12月31日時点のデータ