「1on1ミーティング」が生み出す、楽天流・コンピテンシー開発

Corporate Topics
「1on1ミーティング」が生み出す、
楽天流・コンピテンシー開発

2017年に全社導入された1on1ミーティングは、
今や楽天を代表するカルチャーに。

“勝てる人材、勝てるチームを作る”ためのBack to Basics Projectの一環として、2017年に全社導入された1on1ミーティング。現在は、主にマネージャーとメンバーの間で定期的に実施されています。

今や楽天を象徴するカルチャーの1つとして根付いた1on1ミーティングが、従業員の働き方にどのような影響を与え、また効果をもたらしているのか、4名の従業員にインタビューを行いました。

※取材当時、COVID-19 の影響により1on1ミーティングは全面リモート環境で行っていました。

Mako
2018年 ・中途入社
メディア&スポーツカンパニーにて『Super Point Screen』の
マーケティング業務を行う。

自分が発揮すべき価値が1on1ミーティングで明らかに

人材関連のデータアナリストを経て、2018年に中途入社しました。入社してまず感じたのは、それぞれの得意分野を持ったプロフェッショナルが集う、刺激的な環境だということでした。毎回スピーディーに施策が進む中で、何を行えば私の価値が最大限発揮できるかを考えることが多く、1on1ミーティングはその答えを導くのに最適な手段でした。

1on1ミーティングでは、直属のマネージャーからダイレクトに意見がもらえるため、自分では気付けなかった能力や価値を知るきっかけになりました。例えば、私は分析スキルを活かせる一方で、サービス戦略のようなやや大きな視点から仮説を導くことに少々苦手意識を持っていました。しかし、マネージャーからは前向きなフィードバックをもらうことが多く、段々と仮説思考の習得に向けて自発的に取り組めるようになり、今では業務の一環として行えるようになりました。

自分が今出来る範囲の業務に収まらず、一つ高い視野からの課題を提言してもらえる1on1ミーティングは、自分自身の成長のためにとても役に立っています。

「楽天賞」受賞も1on1ミーティングで培った
能力開発があったからこそ

1on1ミーティングを通し身に付けていった仮説思考を活かして大規模な施策を企画・実行した結果、目標としていたMAU(*1)を数か月前倒しで達成しました。それにより社内の報奨制度である「楽天賞」を受賞できたことは、私にとって一つの集大成でした。チームメンバーの協力はもちろん、マネージャーからの毎回の的確なフィードバックのおかげだと感じています。

サービスの成長フェーズも一つ進み、現在は、より長期的な視点を持ちながらLTV(*2)を伸ばす施策に注力しています。

今までの守備範囲を超えた挑戦をした結果、新しい視界が得られることを、身をもって経験しましたが、1on1ミーティングの役割はまさにそこにあると感じています。中長期的に物事を考える機会を定期的に持つことで、組織としての価値を最大化させていく効果があるのではないでしょうか。

(*1)MAU…「Monthly Active Users」の略。月あたりのアクティブユーザー数を表す指標。
(*2)LTV…「Life Time Value」の略。顧客生涯価値を表す指標。

Nobu
2019年 ・中途入社
テクノロジーディビジョンにて、
セキュリティエンジニアとして業務を行う。

初めての日本での就業。
1on1ミーティングは不安払拭&安心感を得る機会に

1on1ミーティングでは、ビジネスの相談からプライベートな悩みまで様々な話をします。私は結婚を機にマレーシアから来日し楽天で働き始めました。日本で働くのは初めてだったので、労働文化など気になることも多く、正直なところ不安もありました。そのため、入社した頃の1on1ミーティングでは、マネージャーに率直に相談していました。ミーティングの中で、日本企業の特徴や、その中で楽天はどのような特徴があるのかいつも丁寧に教えてもらえたことは、速やかなオンボーディングに大変役立ちました。

話題を問わずリラックスしながら自由に話し、上司から直接フィードバックをもらえる中で、コンピテンシー面でもいい変化がありました。私は元々オープンなタイプではなかったのですが、1on1ミーティングを通し「オープンマインド」を心がけることで、業務がより円滑に進み、自身の成長も加速していく経験をしたのです。心を開けるよう、心理的安心感を作ってくれた上司にはとても感謝しています。時には私の弱みについてのフィードバックもありますが、信頼関係があるので、成長の機会だと前向きにとらえることができています。

1on1ミーティングを活かしながら、大幅な業務改善を達成

私は新しく作られたチームに配属されたため、運用ガイドラインの制定やワークフローの自動化、リソース管理などにゼロから取り掛かる必要がありました。

チームの先頭に立ち多様な業務を進めていく中で、1on1ミーティングは特に役立ちました。上司の目線を取り入れて現状を客観的に捉えることができるので、自分のパフォーマンスや目指すべきコンピテンシーを第三者目線で振り返ることや、業務上でどの部分を改善すべきかを常に明確にしておくことができました。

そのおかげもあり、予定よりも早く全てのプロジェクトを完了させることができ、チームとしての業務改善効果が認められ、社内の報奨制度である「楽天賞」の「新人賞」を受賞することができました。

このように、1on1ミーティングというカルチャーは生産性の向上にも大きく貢献してくれるものだと感じています。

Akari
2016年 ・新卒入社
コマースカンパニーにて
トラベル&モビリティ事業部の
マーケティング業務を行う。

数年後の理想を叶えるためのアクションを明確にできるのが
1on1ミーティングのメリット

学生時代は海外の大学で経済学を専攻していました。楽天に入社した理由は、多様なサービスや職種がある中で、様々なキャリアの選択肢を持てる点に共感したからです。具体的なキャリアについては仕事をしながら描いていきたいと考えていました。

1on1ミーティングは、具体的なキャリアイメージを考えるのに適していると思います。数年後の理想的な姿はどんな形か、そのために今どういったコンピテンシーを強化するべきか…。マネージャーと2人で、納得感を持ちながらフォーカスしていくことができます。

私はまずスピーディーに業務を進めることにフォーカスし、特に外部とのミーティングを効率的に行うことを目標にしました。時間内に結論を出すというゴールから逆算して、参加者が共通認識を持って参加できるよう事前準備を行うことや、進行の仕方を改善し続けた結果、目指していたコンピテンシーが身に付いていきました。

また、マネージャーとゆっくり話せるので、雑談やプライベートな相談をすることもあり、1on1ミーティングの導入後は悩みを抱え込んだまま仕事をすることが減りました。

1on1ミーティングでモチベーションを保ちながらいち早く昇格を達成

今の仕事への満足度を維持しながら働き続けられているのも、目標にしていた昇格や昇進を達成できているのも、定期的な1on1ミーティングによって次に行うべきアクションを常に明確に落とし込めているからだと感じています。

マネージャーとは、どういった仕事の進め方が私に期待されているかについて話すことが多いですが、最近はそれに加え、メンバーの育成に関して話す機会も増えました。多様な経歴を持つメンバーが在籍する中で、かつリモート環境において、それぞれのメンバーが同じ方向を見ながら目標達成できるような方法を考えていくことは新たな課題です。

以前よりも大きな規模で物事を考えることが必要になりますが、1on1ミーティングを利用しながらチャレンジしています。例えば、毎朝のチームミーティングを設け、チームのKPIだけに留まらず事業全体の進捗を共有し合うなど、マネージャーからのフィードバック、時には経験談を交えながら、メンバー全員がモチベーションを保てるようなチームビルディングに注力しています。

Aloha
2006年 ・中途入社
メディア&スポーツカンパニー所属。
現在はジョイント・ベンチャーである
MIHA株式会社にてセールスグループのマネージャーを担当。

言葉や文面では補い切れない深いコミュニケーションが可能に

入社以来、営業職として楽天の多様なサービスに携わり、現在はYouTuber・インフルエンサー事業の営業責任者を担当しています。

1on1ミーティングの導入前は、パーソナルな問題やキャリア相談は、タイミングを見計らいながら随時行っていました。導入後の現在は、たとえ忙しくても定期的に二人きりで話せる時間が設けられているので安心感に繋がっていますし、直近の案件や問題だけでなく、キャリアやコンピテンシーについても意識を向けることができる貴重な時間となっています。

現在はリモート環境での1on1ミーティングを行っていますが、テレビ会議であっても、1対1でお互いの顔を見ながら話すことの大切さを改めて感じています。言葉や文面からでは拾いきれない情報も、顔や表情からは読み取りやすいので、相互理解をより深めることが出来ています。

例えば業務の依頼をする時、メンバーの表情から納得感が足りないと感じたら、なぜその業務をあなたに行ってほしいのかという理由を丁寧に説明することが出来ます。各メンバーのメンタルの様子も把握しながら、深く向き合うことができます。

また、楽天には管理職向けの1on1研修プログラムがあるので、より効果的な1on1ミーティングを行うために役立てています。

1on1ミーティングでのタイムリーなキャッチアップは、
事業の急成長に必要不可欠

現在は急成長中の新事業に携わっているので、リソース面や営業活動での課題、クライアントのニーズについて、素早く把握することが必要であると考えています。1on1ミーティングを利用することでそれらの状況も正確に把握できるので、早期課題も見つけやすく、人材配置の最適化や課題に対するPDCAもより円滑に回るようになっています。その成果もあり、現在の大幅な売上拡大にも繋がっているのだと感じます。

1on1ミーティングは、定点チェックの習慣化としての効果も大きいと考えています。開催頻度や内容をある程度フォーマット化し記録していくことで、何が実行出来ていて、何が出来ていないかが明確になり、客観的に把握し改善につなげることができます。このような効果をもたらす1on1ミーティングは、楽天主義の一つ『GET THINGS DONE』の実現にも貢献するカルチャーなのではないでしょうか。

人材開発課より

「一人ひとりが最大限に力を発揮できる環境づくりを目指して」

1on1ミーティングの目的は「相互理解・相互信頼の形成」と「定期的なフィードバックによる成長支援」です。メンバーへ適正なフィードバックを行うためには相応のスキルが必要と考え、管理職向け研修にも注力し、マネージャー自身の成長支援も行っています。

現在、1on1ミーティングは楽天グループ全体で活用されるカルチャーとなりました。今後も、多様性に富んだ従業員一人ひとりが最大限に力を発揮できるような制度・環境づくりを推進していきたいと思います。(人材開発課・Yuko)

その他のコーポレートトピックス
Back to
Basics Project
Rakuten People
& Culture Lab
コーポレートページへ戻る

WORKPLACE環境・制度

JOBコーポレート職の求人を見る

人事・総務・コーポレート
コミュニケーション

法務・知的財産・内部監査

財務・経理