楽天主義

『楽天主義』は、楽天グループの根幹を成すものであり、全ての役員および従業員の行動指針として、大切にしている考え方です。『楽天主義』は、「楽天グループ企業倫理憲章」「行動規範8ヶ条」「ブランドコンセプト」「成功のコンセプト」「仕事の進め方」の5つから成り、その中でも「楽天グループ企業倫理憲章」「ブランドコンセプト」「成功のコンセプト」は、楽天を理解していただくうえで重要なコンセプトですので、ここでご紹介いたします。

楽天グループ企業倫理憲章

私たちは、楽天グループの一員として、楽天のブランドコンセプトのもと、「グローバル イノベーション カンパニー」として高い倫理意識をもってグループの企業価値を高めながら、社会に貢献し、社会と共生していきます。

法令・社会規範を守ります

私たちは、楽天グループの一員として、各国の関係法令および社会のルール(消費者保護、公正競争、自然環境、労働環境、犯罪防止、開示・納税の適正に関する法令等)を守り、高い倫理観を持って行動します。そして、ブランドコンセプトで謳っているように、「品性高潔」に振る舞い、関係法令等に反する行為に対しては厳正に対応します。

人権を尊重します

私たちは、人権を尊重し、個人の尊厳を守り、文化・慣習の多様性を認め、働きやすい職場環境を確保します。

お客さまの満足の最大化を図ります

私たちは、常にお客さまの視点に立ち、お客さまの満足の最大化を図ります。お客さまに喜ばれるサービスを提供することが社会への貢献につながり、楽天グループの企業価値向上の「大義名分」となります。

フェアに行動します

私たちは、事業基盤であるインターネットの本質がフェアな点にあると捉え、全ての消費者や事業者がその機会を最大限活用できるように、私たち自身のあらゆる事業活動において、フェアに行動します。このため、公正な競争を尊重し、サービス利用者の判断に資する適切な情報伝達を行います。また、職務に公私のけじめをつけ、利益相反行為を回避し、贈収賄に関与しません。

広く社会とのコミュニケーションをもち、情報を適正に使用、管理します

私たちは、株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションをもち、適時適切に企業情報を開示することによって透明性を高めてまいります。同時に、楽天グループの情報やお客さまなどの情報が、楽天グループにとって極めて重要な資産であることを深く認識し、これらを適正に使用、管理します。

反社会的勢力には毅然とした対応をとります

私たちは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、関係遮断を徹底し、不当な要求に対しては「大義」に則り断固として社会的正義を貫きます。

持続可能な社会の実現に貢献します

私たちは、本業を通じた活動を核として、楽天グループと関わりのある消費者や事業者をはじめ、行政、教育機関、地域社会などの様々な方と連携することにより、社会の課題に対応し、持続可能な社会の実現に貢献します。

2017年11月1日改定

ブランドコンセプト

ブランドコンセプトは、楽天グループの事業を通して実現しようとしている価値観を提示しています

大義名分 -Empowerment-

長期的な成長を遂げられる事業とは何か?それは、社会的意義があり、社会から必要であると評価される事業であると考えます。楽天グループにとっての社会的意義は、エンパワーメントという言葉で表現出来ます。インターネットの特性を活かし、多くの人にチャンスを提供し、フェアな社会を構築する手助けをしていきたい。これが楽天グループの大義名分です。

品性高潔 -気高く誇りを持つ-

大義名分のある事業を行う場合に重要なのは、それを如何にして実行するかということです。ブランドコンセプトでは、それを品性高潔という言葉で表現しています。「気高さ」「誇り」「うそをつかない」「誠実」というスタンスが、楽天グループにおいて事業を行う上での大前提です。

用意周到 -プロフェッショナル-

いくら大義があったとしても、その事業を成功させられなければ、社会に貢献することは出来ません。成功するための方法論として、楽天グループでは、「成功の5つのコンセプト」を定めています。「成功の5つのコンセプト」を体現して、役員・従業員一人ひとりがプロフェッショナルに事業を進める。用意周到な事業の実行により事業の成功は得られると考えています。

信念不抜 -GET THINGS DONE-

大義名分のある事業であっても、厳しい競争の中で成功を収めることは簡単ではありません。しかし、事業を行う大義名分が確かなものであれば、簡単にはあきらめることは出来ないはずです。そのためには、状況に応じてアクションを再構築する。GET THINGS DONEの精神こそ、楽天グループの事業を推進する姿勢です。

一致団結 -チームとして成功を掴む-

楽天グループは、様々なバックグラウンドを持った人材が活躍している場です。その多様性をグループの強みにするためには、一人ひとりが、全体の方針に向かって、一致団結して進んでいくことが重要です。楽天グループはひとつの大きなチームである。チームワークよく、多様なメンバーの力を最大限発揮させられる組織こそが、成功を収められると考えています。

成功のコンセプト

「ブランドコンセプトを実現する」という楽天の掲げる目標に揺るぎはありません。「楽天の目標」への共感度を強め、実現度を高めるために「成功のコンセプト」があります。

常に改善、常に前進

人間には2つのタイプしかいない。
【GET THINGS DONE】様々な手段をこらして何が何でも物事を達成する人間。
【BEST EFFORT BASIS】現状に満足し、ここまでやったからと自分自身に言い訳する人間。
一人一人が物事を達成する強い意思をもつことが重要。

Professionalismの徹底

楽天はプロ意識を持ったビジネス集団である。
勝つために人の100倍考え、自己管理の下に成長していこうとする姿勢が必要。

仮説→実行→検証→仕組化

仕事を進める上では具体的なアクション・プランを立てることが大切。

顧客満足の最大化

楽天はあくまでも「サービス会社」である。
傲慢にならず、常に誇りを持って「顧客満足を高める」ことを念頭に置く。

スピード!!スピード!!スピード!!

重要なのは他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピード。
勝負はこの2~3年で分かれる。