TOP
PEOPLE
Lin

楽天モバイル事業ショップ開発課
営業企画グループ
営業
Lin
商学部卒  
2017年入社

現在担当している仕事内容は?

私が日々取り組んでいる仕事は、「楽天モバイルショップで一人でも多くの方にサービスを選んでいただくこと」です。具体的な業務は、大きく分けて2つ。新規の楽天モバイルショップをオープンさせることと、既存店の実績管理・販促活動に分かれます。新店オープン業務は、代理店や家電量販店と一緒になって新規契約が多く見込めるエリアを選定し、店のレイアウトや売場展開を議論したうえで、ショップを開くというものです。既存店管理と販促活動は、全国の営業スタッフと連絡を取りつつ、ショップの課題を見つけて改善に取り組んだり、楽天モバイルの販売促進のためのイベントを開催したりする業務です。

あなたが楽天で働く理由とは?

「成長を続ける事業部の中で、自分自身も大きく成長していく」というビジョンが見えるからです。楽天モバイルの事業は、これまでのMVNO(格安スマホ)事業から、「第4のキャリア」へと進化するために、さまざまな取り組みを積極的に行っています。モバイル業界や社会全体に刺激を与える存在になり得る事業部の中で自分を磨くことができるのは、非常に幸せなことです。楽天はオンライン上でさまざまなサービスを提供する会社ですが、私の部署はショップというオフライン環境で、直接お客様と接することのできる、独特のスタイルを持っています。この環境を最大限に生かし、モバイルを入り口として楽天に興味を持ってくださるお客様をどんどん増やしたい。まさに「人と社会をエンパワーメントする」という楽天の理念に沿った仕事だと思います。

日々の仕事に向き合う姿勢として、心がけていることは?

日々の仕事に向き合う姿勢として、
心がけていることは?

楽天が掲げる「成功のコンセプト」にある「仮説→実行→検証→仕組化」と「スピード!! スピード!! スピード!!」という2つのテーマを大切にしています。具体的には、事業部としての目標を達成するため、メンバーが担当する各店舗における課題解決の「仮説」を数字ベースで立てること、そして「実行」「検証」し、数字でのフィードバックを行い、成果へとつなげていきます。またスピード面では、他の会社であれば、月に1回行われているような会議が、楽天のモバイル事業部では週に1回の頻度で行われるようなイメージです。このスピード感こそが成長カギ。この流れは、事業部の動きとして、私個人の動きにも落とし込めるものです。

1日の仕事の流れを教えてください

1日のうちに、タイプの違う大量の情報を収集・分析することが求められます。担当販路実績情報や販促のための情報、ショップの売上状況などを集め、整理する一方で、新店をオープンさせるための情報を分析していくこともあります。業務をスムーズに成功に導くため、取捨選択や分析の能力は必須ですね。代理店や量販店担当者など数多くの方との連携を要するため、小刻みな切り替えも必要ですが、その目まぐるしさがまた、やりがいを感じさせてくれます。

SCHEDULE

08:30
出社、メールチェックと、その日のタスクの整理して本日もスタート。
10:00
担当販路における実績進捗の確認と、各営業担当とのショップの状況を確認していきます。
12:00
ランチタイムは社食で美味しくいただきます。
14:00
営業会議。ショップ全体の状況を整理し、その週に行う販促活動を決定していきます。
16:00
ショップ会議。運用チームなどと各種プロジェクトの進捗状況や、共有事項について共有していきます。
17:00
担当する代理店様と打ち合わせ。店舗の課題解決に向けた具体的な解決策を提案していきます。
19:00
翌日の商談資料や、請求書などの事務作業を終えて退社。社食で晩御飯を食べて帰宅します。

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

< 一覧へ戻る