TOP
PEOPLE
Julie

コンプライアンス統括部
法務部
ビジネス法務
Julie
法科大学院卒  
2015年入社

現在担当している仕事内容は?

法務部内にある、ビジネス法務グループと企画グループの業務を兼務しています。ビジネス法務グループの業務では、楽天の運営しているさまざまなサービスの担当者からいただく新サービスの立ち上げに関する相談、仲裁・訴訟対応、契約書の審査、日々の法律相談、キャンペーンの内容のチェックなど、数多くのご依頼について、法律的な視点から回答を行っています。案件によっては、外部の弁護士さんや官公庁に確認を取ることもあります。また、楽天グループ全体としての調整が必要な場合は、海外のグループ会社とコミュニケーションをとることも重要となります。企画グループでの業務としては、改正法への対応、社内向けのリーガルセミナーの運営、インターンシップの受け入れなどを担当しています。いずれの業務も、専門的な法律知識はもちろん、ビジネスの深い理解および高いコミュニケーションスキルが必要とされます。

仕事のやりがいや面白さとは?

海外の支社を含め、各事業部と”One Team”となってトラブルを解決したときが、やりがいを感じる瞬間です。たとえば、訴訟に対応しなくてはならないとき、外部の弁護士さんと連携を取りながら、該当する事業部に事実確認をしてもらいます。そして、会社としてどのような方針で対応するのか、ビジネスの視点を含めた法的な解決方法を探ります。現場のチームと一丸となって解決に取り込む過程は、私にとって挑戦であり、トラブルが解決した暁には、チームのメンバーと共に大きな達成感を味わいます。海外の弁護士との連携が必要なグローバルな案件では、言語、法律、慣習の違いに苦労することもありますが、非常に貴重な経験であると同時に、楽天の企業法務としてのひとつの醍醐味だと感じます。

入社して成長できたと感じられる点は?

入社して
成長できたと感じられる点は?

企画グループで担当している数多くのプロジェクトについて、そのすべてを迅速かつ、円滑に推進することが求められています。プロジェクトをデザインするにあたり、プロジェクトの目的そのもの、進め方、全体のスケジュール、承認の過程などを検討します。まずは全体を見渡して、上司と相談を繰り返しながら、調整点を洗い出します。そして、プロジェクトをクリエィティブにデザインしつつ、周囲を巻き込みながら前に進めていきます。自由なプロジェクトデザインを任せてもらえるのが法務部の良さであり、専門的な法的問題の解決力のみならず、ビジネスパーソンとして不可欠な力であるプロジェクトの推進力も身につけることができます。

1日の仕事の流れを教えてください

信頼のおける法務部員であるために、常に正しいアドバイスができるようリーガルリサーチを行っているので、日々、非常に高い集中力が要求されます。限られた業務時間の中で質の高いパフォーマンスを行うことができるのは、会社や同僚の理解とサポートがあってこそだと強く感じます。子どもを会社の託児所である「楽天ゴールデンキッズ」に預けているため、大きな安心感もあります。

SCHEDULE

08:30
出社、前日に作成したTodoをチェックして仕事開始。限られた時間を効率的に仕事を進める工夫をしています。
09:30
法務の情報共有・相談MTG。担当案件について、法務のメンバーとディスカッションができるため、問題の解決に役立ちます。
10:00
契約書等のドラフト。一言一句が重要で、誤字脱字は許されないため、集中力の高い午前中に取り組むことが多いです。
11:00
楽天ゴールデンキッズ(会社の託児所)に預けている子どもに授乳。その後にランチ。
14:00
クライアント(事業部)との打ち合わせ。新しいサービスの課題を共有します。
15:00
外部弁護士との打ち合わせ。新しいサービスの課題となる法的問題点についてディスカッション。
17:00
退社。子どもを迎えに行き、一緒に帰宅します。

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

< 一覧へ戻る