TOP
PEOPLE
Riko

楽天モバイル株式会社
営業・マーケティング本部
マーケティング・オンライン営業部  広報課
広報
Riko
経営学部経営学科卒  
2015年入社

現在担当している仕事内容は?

格安SIM契約数NO.1を誇る楽天モバイルの広報として、サービスの良さをより多くの方に広める活動を行っています。プレスリリースの作成および各メディアへの配信、記者会見の実施、そして取材や問い合わせ対応などを担当します。外部の方にとっては私が発信した内容が楽天としての正式な情報となるため、誤りがないようにしなければいけないと緊張することもあります。ですが、経営層とも密に連携して発信した情報が、ニュースとなって掲載されているのを見ると、とてもやりがいを感じます。
※2019年3月末 時点

楽天でのキャリアの可能性は?

楽天には「数字にこだわる姿勢」と、「GET THINGS DONE:やり遂げる文化」があります。その2つを周囲に示すことができれば、年齢や職種に関わらずチャレンジできる環境があるということが、楽天の大きな特徴です。私自身もその文化のおかげで、新卒入社後は営業職に配属となって、大手企業様を担当させていただき月間獲得目標を達成したり、その後、希望していた広報に異動させてもらえたりと、様々なチャレンジをさせていただきました。現在広報にいる私が今後目指していることは、数字で結果を見せにくいとされる業務ではありますが、あえて数字という結果にこだわることです。例えば、売上を後押しできるような記事化件数を前年比◯◯◯%増にするという明確な数値を盛り込んだ目標を設定するなど、攻めの広報戦略を持って仕事に取り組んでいきたいと考えています。こういったチャレンジができる環境で、楽しく充実した仕事ができるのは本当にありがたいです。

日々の仕事に向き合う姿勢として、心がけていることは?

日々の仕事に向き合う姿勢として、
心がけていることは?

普段から、相手(第三者)の立場に立って考えることを意識しています。広報という仕事は、社内はもちろん、社外でも代理店やメディア関係者などたくさんの方と関わります。その際には一方的な発信にならないよう、相手が必要としている情報は何かを考え、情報の伝え方を工夫するように意識しています。さらに、情報を発信しながらメディアのニーズを汲み取り、新しい情報発信の場を企画して経営層との橋渡しをすることができれば、WIN-WINの関係が築くことができ、結果としてより多くの方に私たちが伝えたい情報を届けられるようになります。

1日の仕事の流れを教えてください

出社後、まずスケジュールをチェックして、1日の流れとTO DOをイメージしてから仕事をスタートします。社内外の各所と連携を取ることが多いため、メールや掲載チェックなども朝一番に行い、スムーズな業務をスタートできるよう意識しています。広報課内を含め社内でも決まった人とのミーティング(MTG)が多くなりがちなので、他部署で働く同期などとのランチは、情報交換を兼ねることができるとても貴重な時間です。社内で気軽に他部署の人とランチができる環境は、ありがたいですね。また、プライベートでは暗闇ボクシングにはまっていて、退社後は、仕事とは正反対に無心で体を動かすことでリフレッシュができるので、欠かせない習慣となっています。

SCHEDULE

08:30
出社。メールとスケジュールのチェック。必要に応じてチームや経営層に報告。
10:00
チームMTG。直近の広報活動共有・議論と情報収集をして、発信すべき内容を精査します。
12:00
ランチは同期とカフェテリアで。お互いの部署でどんな仕事を進めているのか、情報共有しています。
13:00
プレスリリース作成のための情報収集MTG。サービスや製品担当者からアピールしたいポイントをヒアリング。
14:00
プレスリリース作成。ヒアリングした内容をもとに、リリースを作成します。
15:00
経営層との週次定例MTG。配属当初から魂を込めてプレスリリースを書くように教わり 、毎回、的確なアドバイスをいただいています。
16:00
次の記者会見を実施する場所をチームで下見。経営層がどう動くか考えながら会場を視察していきます。
18:00
退社。最近はまっている暗闇ボクシングでリフレッシュ!スッキリして帰るのが入社以来の習慣です。

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

< 一覧へ戻る