TOP
PEOPLE
Charo

インキュベーション事業
ドローン・UGV事業部
新サービス開発・アシスタントマネージャー
Charo
経営研究科卒  
2011年入社

現在担当している仕事内容は?

新事業の開発をする部署で、「ドローンで物を運べる時代を創る」という仕事をしています。物流業界では、ドライバー不足による配送料の高騰や、交通渋滞・災害による配送遅延などが大きな問題になっています。それらの問題を解決するために、未開拓の領域である「空」を、ドローンによって活用しようとしています。ドローン配送サービスの提供は世界初の試みで、今はまだ飛行範囲が限られていますが、全国の自治体や企業様と連携し、相談を重ねながら実証実験やサービスを推し進めています。現状、被災地や過疎地にドローンを使って温かい食べ物を配送したり、都市部でも店舗からアパートへのドローン配送実験をしたりと、実績を積み重ねている段階です。近い将来ドローン配送が当たり前となる世界を想い描きながら、「空の産業革命」をリードしていきます。

あなたにとって、楽天で働く理由とは

現場の社員一人ひとりが、自身の力で成長し、力を発揮することで会社を盛り上げていく。会社はそのためのサポートを惜しまない。楽天には、そんな「エンパワーメント」という理念が浸透しています。そして、社会のトレンドや産業自体も変えることのできる影響力も持ち合わせています。何十もの事業を展開するグループ会社との連携も活かしながら、他社にはないアイディアを形にしていけることも大きな強みです。たとえば世界初の試みとして、楽天市場の母の日商品をドローンで贈るというイベントを開催しました。驚きながらも感激するお客様を見て、「エンパワーメントこそ私たちの仕事の最大の報酬だな」と実感しました。その喜びを得られることが、私が楽天で働く理由かもしれません。

学生に向けてのメッセージを

新卒採用は、人生の機会の中で最後とも言える「何にでもなれる」分岐点だと思っています。仕事をしていく上で、自身のやりたいこと・やるべきこと・できることの交わる部分を広げ追求していくことが大事だと考えています。そのためにもまずは、自身のやりたいことを考え抜き、それが使命として実現できるステージを徹底的に探すことをお勧めします。結果としてそのステージが楽天であれば嬉しい限りです。その後、分岐点を通過して就職しても、最初は「できないこと」にばかり直面するかもしれません。ただ、成長して乗り越えていくことで、代えがたい仕事のやりがいを感じてもらえると思います。共に成長できる「同志」がまた増えることを楽しみにしつつ、陰ながら応援しています!

1日の仕事の流れを教えてください

社内での業務だけでなく、現地の視察やサービス運営など、外に出る機会も多くあります。ドローンの飛行に必要な環境は整っているか、飛行ルートはどこが最適かといったことを、実際に飛行予定のエリアに足を運んで確認したり、実際に配送サービスを実施してお客様に直接商品を届けたりもしています。楽しみと言えば社員食堂での食事。基本無料でさまざまな料理を食べられますし、なにより美味しい!ランチはもちろん、毎日ディナーでも利用しています。

SCHEDULE

08:30
出社。メールチェックや、会議のための資料作成から一日がスタート。
10:30
打ち合わせ。取引先と新しいプロジェクトのアイディアを出しながら企画を練りこみます。
12:00
ランチ。社食では基本無料で色々な料理を選べて、何より美味しい!
14:00
現地視察。飛行に必要な環境は整っているか、飛行ルートはどこが最適か、実際に足を運んで確認します。
15:00
飛行テスト。実際にドローンを飛ばしてサービスのイメージを具体化させながら、課題点を整理します。
17:00
進捗報告。開発チームに改善策を仰ぎながら、次の検証項目のスケジュールを立てます。
19:00
退社。社食ではディナーも食べることができるんです!

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

< 一覧へ戻る