TOP
PEOPLE
Sean

Global Technology Supervisory Department
Ecosystem Services Department
Application Engineer・Leader
Sean
理学部卒  
2013年入社

現在担当している仕事内容は?

私が所属するエコシステムサービス部の業務内容は、ID、ポイント、決済の大きく3つの分野に分かれており、それぞれをリンクさせて楽天の共通プラットフォームを開発するのが主なミッションです。私が担当するのは決済サービスの開発と運用で、具体的には、楽天市場、楽天台湾市場、Rakuten.com、RaktenTVなどの各種サービスと、決済サービスプロバイダ(PSP)、または銀行などを繋ぐAPI連携を行うという業務です。仕事の性質上、英語だけでなく、さまざまな国の言語を使う機会があるのが特徴で、毎日の業務は多岐に渡ります。各種サービス間の調整はもちろんですが、新規に提携するPSPの仕様調査や、システムの設計書・ソースコード・テストのレビュー、実決済の問い合わせ対応なども担当します。

仕事のやりがいや面白さとは?

私たちの仕事は、楽天が展開するさまざまなサービスの担当者と向き合い、それぞれのサービスとしてやりたいことをヒアリングすることから始まります。それを踏まえて決済サービスの使い方を説明し、最適なものを提案します。システムがサービスインするまでには、問題点の改善や必要な機能の追加開発など、やるべきことはたくさんあります。そういった細かな作業を経て最終的に自分たちの設計したシステムが動き出し、実際にお客様が利用してくださった時には、それまでやってきたことが報われたという充実感と達成感でいっぱいになります。開発スタッフ冥利に尽きる瞬間ですね。

あなたにとって、楽天で働く理由とは?

楽天という会社の中には、自社で運営するさまざまなサービスがあり、そこでは多種多様な業務に携わる人がいます。同じ会社の中にいても、自分が想像もつかない業務に携わっている仲間がいるわけです。その一人ひとりが当事者意識を持ち、現状よりも良いサービスを提供したいというモチベーションを持って奮闘しています。その環境は、私にとって刺激そのもの。それがこの会社で働きたいという強い気持ちに繋がっていると思います。加えて、働きやすい環境が整備されているのも魅力のひとつですね。無料で使えるカフェテリアやトレーニングジムなどの施設は、仕事にメリハリをもたらしてくれる重要な存在だと感じています。

1日の仕事の流れを教えてください

自社内の様々なサービスと関わりを持つ部署にいますので、ミーティングの際は他部署や海外スタッフと密にコミュニケーションを取ります。朝一番にアメリカ法人のスタッフとミーティングをするということもあります。日によっては30分単位でミーティングが続くこともありますが、しっかり準備をし、頭を切り替えながら動くようにしています。

SCHEDULE

09:00
出社後、早速Rakuten.com(US)との打ち合わせから開始。
09:30
チームブリーフィングでタスク確認や問題点の共有。その後、設計書、ソースコード、テスト仕様書、テストのレビューを行っていきます。
12:00
同僚と社食でランチ。
13:00
午後は本番リリースやミーティングの準備、進捗などを各チーム間でシェアしていきます。
15:00
新規サービスへのAPI仕様説明MTGを行いながら、レビューの続きやメールチェックなどのタスクを進めていきます。
19:00
本日の仕事は終了。楽天社内にあるジムによって汗を流してきます。
20:00
その後、カフェテリアでディナーを食べから帰宅します。

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

< 一覧へ戻る

募集要項