TOP
SYSTEM

SYSTEM

あなたらしいキャリアを
築くための研修制度
楽天は一歩先の未来を見据えて、常に研修制度をアップデートし続けています。
ビジネスパーソンとしての素養を高め、一人ひとりの特性や志向に合ったキャリア形成をサポートしています。

Tech研修 -コーディング

入社後、Tech研修を実施しています。最長6カ月程度(※実施年度により異なる)の期間にプログラミング・コーディングの基礎スキルを学び、業務上で欠かせないITリテラシーや論理的思考力、課題解決能力の向上を図ります。

社員からの声
営業職ですが、単純な作業があると「これは自動化できるのではないか?」と工数を減らすための思考や提案ができるようになり、業務の効率化に生かせています!

 
社員からの声
研修中にプログラミングの動き方やロジックの組み方などに触れていたことが、データ解析の業務で役立っています。
 

Tech研修 -ハッカソン

複数名のチームに分かれてプロダクトの開発を行い、その成果を競う研修です。企画からシステム開発まで、プロダクト制作の一連の流れを実践します。コーディングの研修で得た知識を生かしながら、実際の業務でも必要となるタイムマネジメントやチームビルディングを経験できます。

社員からの声
ビジネス面、技術面の両方の理解が深まり、頭で考えられることは実現できるということを実感する機会でした。この研修で培ったマインドが現在の働き方の土台となっていると感じます。

 
社員からの声
コーディングの知識だけでなく、プロジェクト管理や分担などチームで働く難しさや楽しさを経験することができました。配属後も、研修時に得たことや学んだこと、反省点が生かせています。

1on1ミーティング

配属後は、マネージャーとメンバーの信頼関係の構築、メンバーのコンピテンシー強化、そして、メンバーのキャリア開発支援を目的として、定期的な話し合いの機会である1on1(ワンオンワン)ミーティングを実施しています。
業務上の課題からちょっとした雑談まで、内容は様々です。相互理解を深めるための定期的なコミュニケーションや、次に取るべき行動を明確にするためのタイムリーなフィードバックが、従業員の成長に繋がっています。

社員からの声
自身のキャリアプランについて、先輩の経験に基づいたフィードバックをもらえるので参考になっています。定期的にコミュニケーションを取る機会にもなっているのでありがたいです。
 

 
社員からの声
業務に対するフィードバックや進捗確認、将来のキャリアについての相談に加え、時にはプライベートについて会話することもあります。しっかり自分を見てくれる上司がいることを心強く感じます。

研修プログラム

楽天では「階層別研修」、「ビジネススキル研修」、「Englishnization」の3つのカテゴリーに分類された様々な研修プログラムを提供しています。2019年は40前後の研修プログラムが楽天株式会社の全従業員に提供されました。バリエーションの多さや、細やかなテーマ分類は参加者からも好評です。

[若手社員が受けることの多い研修プログラム例]
メンター研修
メンターとは新入社員のサポートを行う先輩社員を指し、早ければ入社2年目からその役割を担います。メンター研修では、入社する方の成長や、職場への定着を図るために必要とされる支援スキルを学びます。
メンターに選ばれた従業員は、研修や実践の機会を通じて指導スキルやコーチングスキルを身に付けることで、自身のリーダーとしての素養を高めていきます。

コンピテンシー開発研修
楽天では評価の基準としてコンピテンシーを用いています。コンピテンシーとは、高い成果を上げる人に共通して見られる行動特性と定義され、楽天では行動指針・価値観として制定している「楽天主義」をベースにその指標が作られています。コンピテンシーの開発を支援・促進するために、全等級(グレード)の従業員を対象とした研修を実施しています。研修では、仕事を通じて計画的にコンピテンシーを開発するための方法を学び、従業員それぞれの成長を実現させるためのサポートをしています。