ニュース

2017年5月15日
  • 楽天株式会社

楽天の総合英語学習サービス「Rakuten Super English」が
提供する、外国語学習ソフト「Lingvist」において、
新たにTOEICコースを開始

- ビジネス英語学習サービスを拡充し、企業・団体への導入を目指す -

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、「Lingvist」(※読み:リングビスト)にTOEICコースを追加し、本日から提供を開始しました。

  「Lingvist」(注1)は、楽天が運営する総合英語学習サービス「Rakuten Super English」の中で提供している外国語学習ソフトで、ビッグデータ分析に加えてアダプティブラーニング(注2)のコンセプトに基づくアルゴリズムを用いて設計され、学習者に最適な出題を行うのが特徴です。すでに、日常会話に必要な5,000の英単語を無料で学習できる基本コースを4月から提供しています。今回、国際的な英語能力の判断基準として特にビジネスの場で多く用いられているTOEIC®テスト(注3)に特化したコースを加えたことにより、利用者はニーズに応じて学習コースを選択できるようになりました。「Lingvist」におけるTOEICコースは、ニーズの高さを鑑み、世界に先駆けて日本ユーザー向けに初めて提供されました。なお、「Lingvist」のTOEICコースは、パソコン、スマートフォン、タブレット上で利用でき、iOSおよびAndroid向けの専用アプリを提供しています。

  また、TOEICコースの開始と併せて、「Rakuten Super English」は、楽天の社内公用語英語化の取り組みにより培った豊富な経験・ノウハウとともに、楽天グループの株式会社ReDucate(※読み:リデュケート、本社:東京都品川区、代表取締役社長:田中 耕平、以下「ReDucate」)の取り組みを通じて得られた知見等も活用して、企業や団体の社内における英語力向上のためのツールの提供やコンサルティングサービスを拡充していきます。ReDucateが、昨年末より18社に対して実施したトライアルキャンペーンでは、「Lingvist」と同様にアダプティブラーニングを活用した英語学習アプリ「きこえ~ご」(注4)を各社に導入いただき、コンサルティングを行っています。エムケイ株式会社、サトーホールディングス株式会社、株式会社ラウンドワンなどの導入企業様からは、「今までの学習方法とは異なり、楽しみながら、継続することができる」と好評をいただいています。

  「Rakuten Super English」は今後も、英語を楽しく効率的に学べるような新たな学習コンテンツやサービスの提供に取り組み、より多くの英語学習者を支援してまいります。


(注1)「Lingvist」はLingvist社(本社:エストニア、CEO:Mait Muntel)が提供しています。
(注2)テクノロジーを活用し、個人の理解度や習熟度に合わせて、ストレスを感じさせない難易度で最適な出題が自動的に行われ、継続的な学習を促進し、学習効率を高める方法です。
(注3)Test of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。TOEICは、エデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。
(注4)「きこえ~ご」はネイティブの英語を動画で学習するアプリです。詳細はReDucateホームページ(https://reducate.co.jp/kikoeigo/)にてご覧いただけます。

コース概要

■コース名称: Lingvist TOEICコース
■コース開始日: 2017年5月15日(月)
■コース概要: TOEICに頻出の英単語を学ぶことができるソフトで、「TOEIC 400 – 600コース(約750語)」、「TOEIC 600 – 800コース(約1,000語)」「TOEIC 800-990コース(約750語)」「TOEIC 総合(400-990)コース(約2,500語)」の4つのコースから選択できます。
■URL:  https://english.rakuten.co.jp/app/lingvist/


【Lingvist社について】
Lingvist社は、エストニアの首都タリンに拠点を置き、テクノロジーとコンピュータサイエンスを活用して、言語学習を効率的に進めるプロダクトの開発を事業内容としています。そのアルゴリズムが注目され、スカイプ社の共同創業者Jaan Tallinn氏の協力のもと、Lingvist社が設立されました。楽天はLingvist社に出資しており、日本市場におけるサービス展開において協業しています。

【株式会社ReDucateについて】
株式会社ReDucateは、ドリコム株式会社と楽天株式会社の合弁会社です。ドリコムが運営していたソーシャルラーニング事業の成長を加速させるべく、楽天の持つ「楽天エコシステム(経済圏)」との連携を図り、付加価値の高い教育サービスを提供しています。ソーシャルラーニング、ゲーミフィケーション、アダプティブラーニングの考え方に基づきテクノロジーを活用することで、継続的な学習を促進するとともに、本や講義では体験することのできない新しい学習体験の提供を目指しています。

 

 

以 上