2018年12月19日
  • 楽天株式会社

楽天、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」で 大戸屋と提携

- 来春より「大戸屋ごはん処」日本国内の全351店で「楽天ポイントカード」が利用可能に-

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」において定食店チェーン「大戸屋ごはん処」を展開する株式会社大戸屋(本社:東京都武蔵野市、取締役社長:山本 匡哉、以下「大戸屋」)と提携しました。

  本提携により、2019年春から「大戸屋ごはん処」全351店(※)において、「楽天ポイントカード」が利用可能になります。ユーザーにおいては、対象店舗での会計の際に「楽天ポイントカード」や「楽天ポイントカードアプリ」を提示すると、「楽天スーパーポイント(以下、「楽天ポイント」)」を貯めたり、支払いに使うことができるようになります。貯めたポイントは、「楽天市場」や「楽天トラベル」などの楽天グループ各種サービスで利用できるほか、「楽天ポイントカード」に加盟している街のガソリンスタンド、飲食店などでも利用できます。

  大戸屋は、楽天会員数1億以上という楽天の強固な顧客基盤を活用し、新たな顧客層の開拓を促進します。
 楽天は、さらなる加盟企業の拡大とサービスの利便性向上に努め、ユーザーの様々な生活シーンで「楽天ポイントカード」や「楽天ポイント」が利用できる環境を提供してまいります。

 ※2018年12月19日時点

本提携による「楽天ポイントカード」の利用概要

■サービス開始時期: 2019年4月1日(予定)
■対象店舗: 国内の「大戸屋ごはん処」351店(2018年12月19日時点)
■対象商品: 対象店舗で販売する商品(一部対象外)
■ポイント付与率: 100円(税抜)のお支払いに対して「楽天スーパーポイント」を1ポイント付与

【株式会社大戸屋について】https://www.ootoya.com/
株式会社大戸屋は、国内351店舗の定食チェーン「大戸屋ごはん処」を展開しています。大戸屋の原点は、家庭食の代行業として、「かあさんお腹すいたよう」という言葉にこたえたいという想いです。人々のこころも満たす、もうひとつの食卓として、安全・安心な食材だけを使用して、一品一品ご注文をいただいてから、お店で丁寧につくる店内調理にこだわっております。できたて、つくりたての商品のおいしさをご提供し続けます。

【楽天ポイントカード】https://pointcard.rakuten.co.jp/
「楽天ポイントカード」は、楽天が運営する、共通ポイントサービスです。マクドナルド、ミスタードーナツ、出光SSなど、「楽天ポイントカード」に加盟する様々な企業がサービス提供する街のお店で、「楽天スーパーポイント」を貯めたり使ったりすることができます。また「楽天ポイントカードアプリ」は、スマートフォンに表示されるバーコードでポイントを利用できるためカードを持ち運ぶ必要がなく、楽天の公式キャラクター「お買いものパンダ」の季節ごとに変わる可愛いデザインも楽しむことができます。

 <提携先一覧>(一部抜粋)

以 上

※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • カテゴリ
  • カテゴリ