ニュース

2016年1月12日
  • 楽天株式会社
  • 楽天カード株式会社

楽天カードの会員数が1,200万人を突破

楽天グループの2015年12月度 流通総額9,100億円の達成に貢献

  楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)と楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下 「楽天カード」)は、楽天カード会員数が1,200万人(2015年11月時点)を突破しましたので、お知らせいたします。

  楽天カードは、2005年7月からクレジットカードの発行を開始しました。「年会費無料」「ポイント高還元率」「貯まったポイントが楽天グループのあらゆるサービスと交換できる」という点がお客様に支持され(注1)、加速度的に会員数を伸ばしています。その結果、楽天カードは2015年12月度(単月)のカードショッピング取扱高において、サービス開始以来、初めて4,000億円を達成しました。

  一方、楽天グループが運営する国内外サービスの取扱高(合算値)であるグローバルグループ流通総額(注2)においては、2015年12月度に約9,100億円(速報値)を突破しました。これは、季節要因はあるものの、楽天グループの流通総額が年間10兆円規模に達していることを示しており、これには、楽天のFinTech(注3)の中核である楽天カードの利用者の増加も大きく貢献しております。

  楽天グループは、今後もスマートフォンの普及やビッグデータ等の活用を通じてFinTechおよび eコマース、デジタルコンテンツ事業の3本柱を軸に「楽天経済圏」のモデルをさらに拡大してまいります。


以上

(注1)「2015年JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において「楽天カード」が7年連続で顧客満足1位を取得
https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2015/1216_02.html
(注2)国内EC、海外EC、クレジットカードショッピング取扱高、楽天Edy、楽天ポイントカード、Rakuten Marketing、デジタルコンテンツを含む
(注3)楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天生命、楽天Edy、楽天投信投資顧問、保険代理業を含む