楽天サービスに対する不正対策

「Yahoo!メール」での楽天ブランドシンボル表示について

R ブランドシンボル

このたび「Yahoo!メール」において、楽天グループの各サービスからのメールと認証された場合、メールの一覧画面に楽天グループからのメールであることを示す楽天ブランドシンボルが表示されるようになりました。

R ブランドシンボル

なお、楽天グループの各サービスからのメールと認証されないメールには表示されません。ブランドシンボルが表示されないメールについては件名をご確認いただき、身に覚えのないメールの場合は開封せずに削除してください。
また、そのようなメールに返信したり、メール本文のURLをクリックしないようご注意ください。

楽天グループの各サービスから送信されたメールではないもの
楽天グループの各サービスから送信されたメールではあるが認証に失敗した場合など

表示イメージ

■スマートフォン

iOSアプリ

iOSアプリ

Androidアプリ

Androidアプリ

ウェブブラウザ

ウェブブラウザ



■PC

ウェブブラウザ

ウェブブラウザ

「ドコモメール」での楽天ブランドシンボル表示について

このたび「ドコモメール」において、楽天グループの各サービスからのメールと認証された場合、メールの一覧画面などに、公式アカウントマークである「公式アカウントマーク」が表示されるようになりました。

公式アカウントマークが表示されているメールは安心して開封いただけます。

公式アカウントマークが表示されていないメールについては件名等をご確認いただき、身に覚えのないメールの場合は開封せずに削除してください。

・転送されたメールを受信した場合
・ドコモメール側で公式アカウントの認証に失敗した場合など

株式会社NTTドコモによるドコモメール公式アカウントのご案内は、以下URLからご確認いただけます。

https://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/official_account/

なりすまし・フィッシングメール対策

楽天グループでは、「楽天市場」や「楽天カード」をはじめとする楽天グループの各種サービスを装った不審メールへの対策として、DKIM / SPF / DMARCといった機能を用いることで、お客様が利用されているメールサービス側で、楽天グループサービスから送られたメールであるかどうかの仕分けを行うための情報を通知しております。

送信元を明確にし、不正メールを見分けるための情報を通知しています。

楽天カードからお送りするメールの情報通知イメージ

楽天カードからお送りするメールの情報通知イメージ

SPF
送信メールが確かな送信元から送られているという情報を送信
DKIM
送信メールに暗号化された楽天グループサービスの署名を記載
DMARC
送信メールがなりすましなどの不正メールと見分けられた場合、お客様へメールをお届けしない宣言を各メールサービスに通知
参考: 楽天カードの不審メール対策について