トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2014年11月25日
  • 楽天株式会社

楽天IT学校、25校の高校生による
「楽天市場」「楽天トラベル」での販売実践を開始

-スマホ版ページ作成や人気商品販売を通じ、
最新のネットショップ運営を体験 -

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、毎年実施している高校生向け電子商取引授業「楽天IT学校」を実施する25校において、高校生たちによるネットショップ上での販売実践が本日より順次開始されますので、お知らせします。なお、本年度は新たにスマートフォン向け販売ページの作成および運営を学ぶ機会も提供しています。
 
  「楽天IT学校」は、楽天がCSR活動の一環として起業家精神育成と地域活性化を目的に、高校生を対象に、約1年にわたって、毎年実施している電子商取引授業です。様々な地元事業者の協力を得てこれまでに全7回の授業を実施しており、本年度で8回目となります。本年6月から受講している全国25校667名の高校生たちは、これまでの授業を通じて自ら設定した対象顧客に合わせた販売ページを作成してきました。後半の授業では、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」もしくは総合旅行予約サイト「楽天トラベル」上で、実際に商品や宿泊プランを販売します。

  本年度の「楽天IT学校」の講師には、「楽天市場」のベストショップ「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー」(※1)を受賞した経験を持つ出店者が加わっています。このようなことから、今回の販売実践では、「楽天市場」でランキング上位のグルメ商品やファッション商品といった人気商品を販売する機会も提供するほか、新たにスマートフォン向け販売ページを作成・運営をしてもらうなど、最新の販売トレンドに合わせた実践を行います。

  「楽天IT学校」の販売実践の授業は、お客様の商品に対する反応を直接知ることのできる貴重な機会となります。そのため、対象顧客である楽天会員の購買意欲が高まる年末商戦時期に合わせて実施しています。今後の展開としては、「楽天IT学校」講師たちが、授業における取り組み姿勢や販売実践での売上などをもとに総合的に評価し、来年の1月15日に全国の選抜チームが一堂に会し授業の成果を発表するプレゼン大会「楽天IT学校甲子園」(※2)への出場チームを各高校から1チーム選出します。

  楽天は、高校生たちが実践的な授業を通してビジネスに対する感性を磨くとともに、場所や時間を選ばず取り組むことができる電子商取引の可能性を知り、卒業後も地元にとどまり地域活性化に貢献する手段として電子商取引を活用することを期待いたします。

※1 「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー」について
楽天会員による人気投票や売上などを総合的に評価し、その年のベストショップを決定するもので、毎年1月に前年のベストショップが発表されます。

※2 「楽天IT学校甲子園」について
選出された各高校の代表1チームが授業で学んだ成果を、「楽天市場」出店者もしくは「楽天トラベル」登録施設運営者の前で発表します。プロの目線により各校の発表内容は評価され、上位3校が決定されます。なお、2014年度の「楽天IT学校」は、「楽天市場」と「楽天トラベル」のどちらかの授業に分かれて実施しており、「楽天市場」に関する授業実施校は、2015年1月15日(木)に東京都内で「楽天IT学校甲子園」の開催を予定しています。「楽天トラベル」に関する授業実施校については、同年2月に実施する予定です。

2014年度「楽天IT学校」販売実践の概要

・開始日: 2014年11月25日より順次
・URL: https://corp.rakuten.co.jp/csr/activities/education/it-school/

■参加校、協力「楽天市場」出店店舗および「楽天トラベル」登録施設
・岩手県合同11校(※)×煎餅屋 四代目清五郎
 https://www.rakuten.co.jp/seigoro/
・宮城県大河原商業高等学校×ムッシュ マスノ アルパジョン
 https://www.rakuten.co.jp/monsier-masuno/
・秋田県立能代松陽高等学校×林泉堂 楽天市場店
 https://www.rakuten.co.jp/rinsendou/
・福島県立若松商業高等学校×会津夢の郷
 https://www.rakuten.co.jp/aiduyumenosato/
・埼玉県立川越西高等学校×美ナチュラル
 https://www.rakuten.co.jp/mahou-soap/  
・埼玉県立新座総合技術高等学校×たね坊のぬか床
 https://www.rakuten.co.jp/tanebo/
・東京都立第四商業高等学校×シルバーバレット
 https://www.rakuten.co.jp/silver-bullet/  
・新潟県立新発田商業高等学校×GIFTEE
 https://www.rakuten.co.jp/giftee/
・富山県立高岡商業高等学校×etre! par BLEU COMME BLEU
 https://www.rakuten.co.jp/bleucommebleu/
・岐阜県立岐阜商業高等学校×毛糸・手芸・コットン柳屋
 https://www.rakuten.co.jp/yanagiya/
・静岡県立沼津商業高等学校×駿河うまいものマルヤス()
 https://www.rakuten.co.jp/maruyasu/
・愛知県立岡崎商業高等学校×Z-CRAFT
 https://www.rakuten.co.jp/z-craft/
・愛知県立南陽高等学校×加藤珈琲店
 https://www.rakuten.co.jp/gourmetcoffee/
・三重県立松阪商業高等学校×デイリーワインのアクアヴィタエ
 https://www.rakuten.co.jp/mzt/
・兵庫県立姫路商業高等学校×イーザッカマニアストアーズ
 https://www.rakuten.co.jp//e-zakkamania
・神戸市立兵庫商業高等学校×ベルandソファ
 https://www.rakuten.co.jp/ilbelletto/
・広島県立尾道商業高等学校×おのみち発 北前船の贈り物
 https://www.rakuten.co.jp/onomichi/
・下関市立下関商業高等学校×一の俣温泉グランドホテル
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/54299/
・愛媛県立今治北高等学校×BeauBelle(ボーベル)
 https://www.rakuten.co.jp/beaubelle/
・佐賀県立鹿島実業高等学校×ラ・ベルジェ
 https://www.rakuten.co.jp/la-berger/
・大分県立大分商業高等学校×コスメボックス
 https://www.rakuten.co.jp/cosmebox/
・宮崎県延岡商業高等学校×まごころ庵
 https://www.rakuten.co.jp/magokoroan/
・霧島市立国分中央高等学校×本坊酒造
 https://www.rakuten.co.jp/hombo/
・霧島市立国分中央高等学校×霧島観光ホテル
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/16708/
・沖縄県立名護商工高等学校×ホテル ゆがふいんおきなわ
 https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/16500/
・沖縄県立具志川商業高等学校×沖縄うまいもの屋!長浜商店
 https://www.rakuten.co.jp/awamorisyouten/

■楽天IT学校について
https://corp.rakuten.co.jp/csr/education/it-school/

   「楽天IT学校」は、楽天が高校生を対象に約1年にわたり実施するもので、国内最大のインターネット・ショッピングモール「楽天市場」の店舗運営ノウハウを高校生向けにアレンジした電子商取引授業です。授業の後半では、各校による地域のPRを兼ねた販売実践も行い、インターネットショッピング運営の実体験を通じ、実践的に電子商取引を理解してもらう機会を提供しています。楽天スタッフに加え、地元の「楽天市場」出店者も講師を務める楽天×地元企業×生徒による新しいスタイルの授業です。

  授業内容は、ネットショップを成功させるためのフレームワーク(枠組み)やノウハウを共有する「場」として、「楽天市場」の出店者向けに開講する「楽天大学」の講座内容をアレンジしたものです。職場訪問、ネットショップにおける販売戦略の立案、ホームページ作成による売り場の構築、商品プロデュース、実際の販売までを実践していきます。

  なお、同授業の「楽天トラベル」を2012年から実施しています。

  また、「楽天市場」に関する授業においては、最終的に全国の「楽天市場」出店者が一堂に会する「楽天新春カンファレンス」内で「楽天IT学校」を開講している全高校参加によるプレゼン大会を実施し、実際にネットショップを運営する出店者の評価を得る機会を設けます。これにより高校生間の電子商取引に関する知識等の習得状況やプレゼン方法などの成長レベルの共有も図ってまいります。

【具体的な授業内容】
・商品紹介のポイントを知る
・「楽天市場」出店店舗および「楽天トラベル」登録施設による講演
・マーケティングを考える
・出店店舗および登録施設訪問と職場体験
・商品企画作成およびWebページラフ案作成開始
・Webページラフ案完成
・Webページ作成および商品および宿泊プランの販売開始
・売上検証および検証を受けてのWebページ編集

■「楽天IT学校」開始の背景と現状

  楽天グループは、「インターネットを通じて、人々と社会を“エンパワーメント”する」ことを企業理念に掲げ、自らの成功を通じ社会を変革し豊かにすることをミッション(使命)として事業展開を図ってまいりました。2007年の会社創立10周年を機に、より一層の社会貢献・地域活性化を推進すべく様々な取り組みを開始し、CSR活動の一環として「楽天IT学校」を開始しました。

  2008年に「楽天市場」内で展開する地域活性化コンテンツ“ニッポンを元気にしよう!プロジェクト”「まち楽」( http://event.rakuten.co.jp/area/ )を開設して以降は、47都道府県との関係性が構築され、自治体から「楽天IT学校」の実施要請を多くいただくようになりました。

  また、2010年に文部科学省から全国の商業高校において2013年度の入学生から電子商取引授業の受講を段階的に義務付ける新高等学校学習指導要領が発表されて以降は、特に全国の商業高校から「楽天IT学校」に関する合わせが増えております。また「楽天IT学校」が実践的な授業であることから、普通科高校からのお問い合わせをいただくようにもなっております。

 

以上

このページの先頭へ