ニュース

2013年3月25日
  • 岐阜県関市
  • 楽天株式会社

岐阜県関市、電子ブックリーダー「kobo Touch」を
1,250台導入

市および図書館での導入は国内初、関市の読書推進元年が
今年度から本格始動

  岐阜県関市(市長:尾関健治、以下 「関市」)と楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、関市における読書推進の一環として、岐阜県関市立関商工高等学校(以下「関商工高校」)ならびに関市立図書館に、電子ブックリーダー「kobo Touch」を計1,250台導入することに合意しましたので、お知らせいたします。

  関市では、市長のマニフェスト「未来の宝、子供たちに投資します。」において、「朝読書の拡大、読書教育の充実」を掲げております。それを受け、教育委員会では、2013年4月から「読書推進のまち関市」をコンセプトに、学校読書デー・家庭読書デーを設け、各小中学校で様々な取り組みを行っていきます。市全体の取り組みとしても、毎月第3日曜日は「読書の日」として、読書推進活動を開始します。

  今回の導入は、関市の読書推進の一環として実施するもので、関商工高校には1,150台を導入し、次世代を担う学生の育成を目指した利用促進を図ります。具体的には、学校内に「読書推進委員会」を設け、「kobo Touch」の様々な利用方法を検討してまいります。

  また関市立図書館には100台を導入し、市民の皆様に向けて、電子ブックリーダーを通じた新たな読書スタイルの提案を積極的に行い、書籍と同様に貸し出しも行います。導入後はコンテンツの利用状況を調査し、毎月「読書の日」に人気のコンテンツを発表し、更なる利用促進を目指します。

  楽天と関市は、2010年から、インターネットを通じて地域活性を推進する「まち楽プロジェクト」( http://event.rakuten.co.jp/area/ )において包括連携協定を締結し、Web上でのプロモーションを行い、様々な情報共有を行ってまいりました。この連携協定の一環として、電子ブックリーダーを提供し、関市の読書推進に関わらせていただくことになりました。

  楽天では、これまで教育振興として、立命館宇治中学校・高等学校での「kobo Touch」の導入を実現いたしました。今後も、CSR活動の一環として教育分野での導入を促進すると共に、導入校および図書館と連携し利用促進に向けた活動も検討してまいります。

岐阜県関市における「kobo Touch」導入概要

■  利用開始時期:2013年4月から
■  導入数:1,250台(関市立関商工高校:1,150台、関市立図書館:100台)


【関商工高校】
・利用対象者:関市立関商工高校全生徒
※  学校管理のもと、関市立関商工高校在校の生徒1名に対し1台配布

・利用期間:対象生徒の同校での学業修了まで
・利用方法:朝読活動での利用、授業での利用も検討

【関市立図書館】
・利用対象者:関市立図書館をご利用いただく市民の方々
・利用方法:書籍と同様に貸出も行い、無料コンテンツをご利用いただくことができます。

以上