ニュース

2013年3月5日
  • 楽天株式会社

「楽天スーパーポイント」をリアル店舗にも拡大

「Rポイントカード」を発行

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、「楽天スーパーポイント」による集客・送客サービスの一環として、2013年春を目途に、新たに共通ポイントカード「Rポイントカード」を発行し、リアル店舗における「楽天スーパーポイント」の利用を試験的に開始いたします。

  楽天グループでは、既に、電子マネー「楽天Edy」やクレジットカードの「楽天カード」によるリアル店舗での決済時に、利用金額に応じた「楽天スーパーポイント」を付与・充当するサービスを提供しておりますが、今般、これらに加え、共通ポイントカード「Rポイントカード」を発行することにより、さらに多くの小売業をはじめとしたリアル店舗において「楽天スーパーポイント」の活用を可能にするポイントプログラムを提供します。

  具体的には、「Rポイントカード」に収められたバーコードや磁気情報により、ポイントプログラム加盟企業の店頭のPOSや端末を介して、楽天会員が「楽天スーパーポイント」を貯められたり、ポイントによる支払いをしたりすることを可能にします。また、インターネット発の共通ポイントプログラムとして、以下のようなメリットを、加盟企業に提供していきます。

○楽天会員8,156万人向けにネット上で提供している「楽天スーパーポイント」と自動的に合算される、会員にとって貯めやすい・使いやすいポイントサービスであるため、送客に効果

○楽天グループが持つ、各種メディアでの告知による露出・送客効果

○自社や他のポイントプログラムとの併用が可能

○既存の磁気カード、バーコードの仕組みを利用するため、POSレジを利用している場合は、新たなハードウェア投資は基本的に不要

○業界最安価な事務手数料水準

 

  楽天は今後も、ユーザーにはお買い物をさらに楽しく、加盟店舗にはビジネスの拡大につながるような、効果的なポイントプログラムの提供を続けてまいります。



*デザインは今後変更可能性有り

(*)楽天スーパーポイントとは
「楽天市場」や「楽天トラベル」などの楽天グループが提供する各種サービスで購入した金額の1%をポイントとして貯められ、1ポイントを1円として使用できるサービスです。また、「楽天カード」を利用して支払った額の1%がポイントとして付与されたり、約50の他のポイントプログラムのポイントから交換できたりするなど、ユーザーはさまざまな生活シーンでポイントを貯めたり使用したりすることができます。

以上