RAKUTEN

いのちの教室

AEDを正しく使い大切な命を守るために

ニュース

ニュース一覧

ストーリー

01

いのちの教室は、アスリートが講師となり、子供たちにAEDの正しい使い方と心臓マッサージの方法を伝える授業です。
日本は、世界でも人口に対するAED設置台数が高いにも関わらず、使い方の周知が進んでいません。

02

楽天は一般社団法人「ATHLETE SAVE JAPAN」と協力し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、安心してスポーツなどに取り組めるよう、子供たちに正しい救命処置の方法を伝えていきます。

これまでの活動

累計修了者数※

794

※2016年9月末時点

累計参加校数※

7

※2016年9月末時点

プロジェクトチーム

一般社団法人 ATHLETE SAVE JAPAN

全てのスポーツの根底には、競技者・指導者・観客等の関わる人の安全が担保されていなければならい。それを広く根付かせる為に、アスリート自らが動き、日本全国に『安心・安全な環境づくり』を発信していくことを目的としています。

一般社団法人 ATHLETE SAVE JAPANへ

関連リンク