Rakuten IT School NEXT

- for Social Innovation -

Rakuten IT School NEXTは、全国各地の高校生が楽天のサービスやテクノロジーを活用して地域の課題解決を目指すプログラムです。

Rakuten IT School NEXTとは

01

地域の課題解決

地域の未来を担う高校生が、地域の課題を「自分ごと」として捉え、積極的に取り組んでいくことを後押しします。

02

楽天のテクノロジーを活用

楽天のサービスやテクノロジーを活用しながら、各地域の課題解決を目指していきます。

03

多様な人との協働

ファシリテーターは多様なバックグラウンドを持つ楽天社員。地域の方からも協力を得て、新しいアイデアを生み出します。

参加高校とテーマ

岩手県立水沢商業高等学校 「子育て環境の充実」
福島県立ふたば未来学園高等学校 「双葉郡のにぎわい回復」
岐阜県立飛騨神岡高等学校 「過疎先進地の魅力発信」
静岡県立富岳館高等学校 「富士宮のブランド化」
愛知県立南陽高等学校 「フェアトレードタウン名古屋」
和歌山県立和歌山商業高等学校 「南海トラフ地震」
広島県立尾道商業高等学校 「インバウンド観光」
広島県立油木高等学校 「耕作放棄地」
高知県立須崎高等学校 「高齢化と地域コミュニティ」
熊本県立熊本商業高等学校 「熊本地震からの復興」

スケジュール

8月3日~5日
ワークショップ
楽天社員がファシリテーターとなり、高校生が地域の方へのインタビューを参考に、課題解決のためのアイデアを生み出します。
ワークショップページへ
9月~10月
ブラッシュアップ
ワークショップで生まれたアイデアを、楽天社員のアドバイスをもとに、さらにブラッシュアップして磨いていきます。
11月
校内発表会
高校の中で活動の振り返りを行い、東京の成果発表会に参加するチームを決定します。
12月8日
成果発表会
各高校の代表チームが東京に集い、取り組みの成果を発表。全国で課題解決にチャレンジした高校生たちが交流します。

これまでの活動