グリーンツアー

アメリカ・アジアでスポーツを通じた環境啓発活動を実施

ストーリー

01

環境のためのスポーツコミュニティ

「グリーンツアー」は、地域のNPOやアスリートと連携し、スポーツを通じて自然環境保全に関する啓発を行う活動です。

02

メイド・イン・USAのCSR活動

楽天は「環境配慮」と「コミュニティの発展」の取組みを、アメリカ・アジアで実施しました。環境保護活動とスポーツイベントを融合させることで、多くの人々に影響力を与えることができると考えています。

プロジェクト

楽天とAVPが全米を横断

2015年夏に、楽天株式会社は「環境配慮」「スポーツ・文化振興」の取組みを、アメリカにおいて実施致しました。楽天株式会社、楽天カード株式会社、The Association of Volleyball Professionals (AVP)、三者連携の基、スポーツを通じて環境配慮の大切さを発信すると共に、地元の方々と様々な活動に取り組みました。

地域のNPOと環境保全活動で協働

ニューヨーク市、シカゴ市、シンシナティ市、ハンティントンビーチの4つの市において、NPO団体の方々と協力し,環境保全活動を実施すると共に、各地が抱える環境問題・取組みについてメッセージを発信致しました。

ハドソンリバーパークでの取り組み

アメリカの最初の3ヶ所では、スタッフ、アスリート、スポーツファンなどの数十人のボランティアが半日間かけて街の装飾を理解するために集まりました。
ニューヨークでは、ハドソン川公園の雑草を抜いて、木を植えるため公園の園芸家たちと一緒に活動を行いました。

シカゴとシンシナティでの取り組み

シカゴでは、オーガニック製品の重要性を地域コミュニティに教えるための場所であるKilbourn公園オーガニックグリーンハウスで利用される堆肥リサイクルシステムが建てられました。
シンシナティでは、ボランティアは、多くのスポーツファンが訪れる2つのスタジアム近くの雑草を抜いて、土壌に肥料を追加し、市街地の美化活動を行いました。

ビーチで、23kgのゴミ拾い

カリフォルニア州のビーチといえば世界的にも有名ですが、深刻な環境・汚染問題に断続的に悩まされており、アメリカで一番汚染されているビーチとも呼ばれています。楽天株式会社、AVP、Orange County Coastkeeperが連携することで、沢山の選手達にもご参加いただき、70名を超える数多くのボランティアの方々と共に、海岸に落ちているプラスティックなど、約23kg、3,000以上のゴミを拾い、ビーチを清掃いたしました。

楽天カード、ハンティントンビーチの緑化をサポート

楽天カードカップの最終戦が行われた地域のコミュニティに貢献するため、楽天カード株式会社はThe Huntington Beach Tree Societyに対し寄付を行いました。同団体が集めた寄付金は、市内の77の公園の整備などのほか、ボランティア活動の支援に使用されました。

The Nature Conservancyと共に『私たちの森林と水資源を守る』活動

この夏に行われた楽天からThe Nature Conservancyへの寄付は、 カリフォルニア州のシエラネバダ北部に位置する10,000エーカーの土地の取得に使われました。この地域の河川は、「 the American River Headwaters(アメリカン川の水源)」と呼ばれており、サクラメント川に注ぎ、カリフォルニア州の2千万人以上の飲み水になっています。

水不足と山火事のリスクを低減

近年、この地域での経済活動の低下により、林冠(枝葉が茂っている部分)の密度が過密になり、水循環での森林の役割を十分に発揮できていない状態になっています。加えて、高い森林の密度は、森林火災のリスクも高めています。
適切に管理された森林では、樹木の間には十分なスペースがあり、森林火災にあった場合でも耐えられる厚い樹皮が形成されています。また、より多くの雪が直接地面に達することができるため、日陰に積もった雪としてより多くの水資源が蓄積されます。The Nature Conservancy は、この重要な場所で、健全な森林が積雪管理、森林火災リスク―ひいては、水資源供給と野生生物の生息地保全―に貢献することを検証していきます。

アジアでグリーンツアーを実施

「Rakuten Green Tour in ASEAN」オープニングセレモニーでは、先述の「SJ50プロジェクト」の総責任者でもある、在シンガポール日本大使館参事官、JCC所長である伊藤実佐子様、及びSingapore Sports Institute主任であるRobert Gambadella様に、オープニングセレモニーにおいてお言葉を頂き始まりました。

日本からシンガポールへ、猛禽類の保全をつなげる

その後、The Nature Society of Singaporeのご担当者様より、シンガポールに生息する猛禽類保護を通じた美しい自然の保護、その活動の重要性について、講演頂きました。

スポーツと科学をつなげる

講演終了後は、Singapore Sports Institute (SSI)が提供している施設の一部を使用させて頂き、スポーツサイエンスという取組みを実施。スポーツサイエンスとは、モニターやセンサー等を駆使することで、各選手の能力を様々な角度より分析・解析を行う取組みです。選手だけではなく、一般の参加者も参加することで、解析により現れた数値の違いに驚きの声が上がっていました。

家族のためのアクティビティ

室内における活動が終わった後は、野外のビーチバレーボールコートとカヤックスペースに移動し、地元の子供達やその家族の方々を対象にしたアクティビティを実施致しました。

ウォータースポーツの体験

アクティビティ実施にあたって、NPO団体Save the beachや、ウォータースポーツセンター、シンガポールドラゴンボート協会の協力を頂き、ウォータースポーツの体験を行いました。
イベントの最後には、シンガポール・アメリカ・日本から集まったビーチバレーボール選手達による、特別エキシビジョンマッチが行われ、大盛況の内にイベントを終了致しました。

これまでの活動

これまでの活動場所

5都市

これまでの参加人数

519

これまでのボランティアワーク

341時間

プロジェクトチーム

楽天カード

アメリカでの「グリーンツアー」を共催し、エキシビジョンマッチ「楽天カードカップ」や The Huntington Beach Tree Societyへの寄付を実施しました。

The Nature Conservancy

ザ・ネイチャー・コンサーバンシーは、1951年に設立されたアメリカの環境NGOです。600名の学識者を含む100万人を超える会員を擁しています。

オレンジカウンティ・コーストキーパー

1999年に発足したカリフォルニア州のNPOです。啓蒙活動や保護活動、現地調査などを通じ、オレンジカウンティの川・海などの水質保全・向上活動を行う事で、海洋生物の生息域保護を主な目的としています。

ハンティントンビーチ・ツリー・ソサエティ

1998年に発足したカリフォルニア州のNPOです。都市部で暮らす住民の生活の質を向上させる為に必要不可欠な、都市部の森林保全活動を主な目的としています。

ギブ・バック・シンシナティ

2000年に発足したオハイオ州のNGOです。2,400人のボランティアに対し、市街地清掃や学校清掃など、地域に還元するボランティア活動の機会を、年間24回以上提供しています。

キルボーン・パーク・オーガニック・グリーンハウス

イリノイ州公園管理局のプロジェクトです。温室でのガーデニング体験や、新鮮なオーガニック食料の提供を通じて、地域住民に対して、環境に関する啓発活動を行っています。

フレンズ・オブ・ハドソンリバー・パーク

1999年に発足したニューヨーク州のNPO団体です。The Hudson River Parkは、人々の憩いの場として、毎年百万人を超える訪問者が訪れる、マンハッタンでCentral Parkに次ぐ規模の公園です。Friends は、活動を啓蒙することで寄付金を集め、公園の日々の整備・改善活動に役立てています。

ネイチャー・ソサエティ(シンガポール)

シンガポールや周辺諸国における森林保全活動や啓蒙活動を行う事を目的に、2008年に設立されたNGO団体です。主にボランティアにより運営が行われており、様々な自然保護プロジェクトを、地元のコミュニティと提携して積極的に取り組んでいます。

SJ 50

2016年1月、楽天は「Rakuten Green Tour」の取組みをシンガポールでも開始しました。2016年は、日・シンガポール外交関係樹立50周年にあたります。