TOP
PEOPLE
Hikari

楽天メディカル
医薬品医療機器開発統括本部
プロジェクトマネージャー
Hikari
Master of international business
2016年入社

現在担当している仕事内容は?

楽天メディカルで、プロジェクトマネージャーとして「光でがん治療をする」ための医療機器開発に携わっています。所属するチームでは、イルミノックスTMプラットフォームと呼ばれる技術基盤を基に医薬品と医療機器の開発を行っており、私は、光を照射するための医療機器開発のプロジェクトマネジメントを担当しています。
具体的な仕事内容としては、医療機器の開発拠点であるドイツの担当者と共に、既存の医療機器の改良案について検討を進めたり、日本・海外の医療機器ベンダーと共に新しい機器の開発を、一から行っています。また、社内外の医師や専門家の先生方からも様々な意見をいただきながら、実際の開発に反映させられるように内容を取りまとめていきます。

入社して成長できたと感じられる点は?

ゴールを達成するために、自分だけの力に頼らなくなりました。勉強やスポーツにおいては一人でパフォーマンスを出すことが求められることもありましたが、プロジェクトマネージャーとして仕事を始めてからは、チームでゴールを達成するためにどうしたらいいかをより考えるようになりました。結果、広い視野を持って人を動かしていく能力が磨かれたと思います。私は、配属当初は医療機器どころか医学に関して一般知識程度しか持っていませんでした。一方で、同僚はほとんどが製薬・医療機器業界のプロフェッショナル。エキスパートであり尊敬できる同僚に助けられながら、自分は自分にしかできない役割が果たせていると思います。

仕事を通して、エンパワーメントを実感した瞬間は?

仕事を通して、エンパワーメントを
実感した瞬間は?

がんの患者さんやそのご家族から、日々、がんに苦しんでいることやこの治療に希望を持っていることなどたくさんのメッセージを頂くのですが、それだけ期待されている治療の医薬品・医療機器の承認取得に立ち会えた瞬間は嬉しかったですね。特に当時は市販のサプライチェーンの立ち上げを担当していたので、製品をエンドユーザーに届けられるという観点でも大きな手応えを感じました。「健康」は人が豊かな人生を歩む上で最も重要だと考えています。楽天メディカルの治療は、がんを克服して人々の健康な生活を支えるという点で社会全体に大きく貢献できているのではないかと思います。

1日の仕事の流れを教えてください

勤務開始後、まずはチームメンバーと朝礼を行います。その後、機器開発の作業に取り掛かります。機器の開発拠点はドイツですが、日本で作ることもあり、実際に機器の図面を制作することもあります。
チームメンバーや外部の専門家とのミーティングは開発において大切な部分ですので、多くの時間を占める日もあります。日々変わっていく進捗の確認と開発のための協議やテストを行います。
退勤後はスポーツを楽しむことが多いですね。

SCHEDULE

09:00
勤務開始。ビデオ会議にて開発チームと朝礼。医療機器開発の進捗共有を行います。
09:15
治療に関わる関連機器図面のドラフト作成。
10:30
治験の進捗定例ミーティング。機器改良のためのニーズを聞ける貴重な機会でもあります。
12:00
ランチタイムです。
14:00
機器の遮光テスト。実際にレーザーを照射してパワーメーターで遮光力を測ります。
15:00
社内ミーティング。既存の機器で各臓器にどのようなアプローチができるか、社内の医師や開発部長と協議します。
17:00
ドイツ支社との定例ミーティング。プロジェクトの進捗を確認します。
18:00
退勤。体を動かしリフレッシュすることが多いです。

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます。

< 一覧へ戻る