• 事業紹介
  • 事業長メッセージ
  • 社員紹介
    • [ITC]Shuni
    • [エリアITC]Kiten
    • [エリアITC(在宅)]Bambi
    • [国際ITC]Akane
    • [クリエイティブ]Hirorin
    • [クリエイティブ]Mai
    • [マーケティング]Ken
    • [マーケティング]Ken
  • 仕事紹介
    • [エリアITC]Hazama
    • [ITC(在宅)]Ai
  • スペシャルコンテンツ
    • 宿泊施設様インタビュー
    • 新春カンファレンス 2015
  • 募集職種

インバウンド

国内最大手の楽天トラベルが
インバウンド市場に本格参入

近年、日本を訪れる外国人客数が増え続け、インバウンド市場が熱く盛り上がっています。政府・観光庁によれば、2020年に目標2000万人の訪日客が実現できれば、市場規模は3兆円に達すると予測しています。この巨大なビジネスチャンスをつかむため、楽天トラベルは2015年に従来のプロジェクトを拡大し、インバウンド&マルチカントリートラベル推進部を立ち上げました。
この部は5つのグループで構成しています。外国人客向けの宿泊施設の在庫を確保する「インバウンド営業グループ」の他に、SEMを中心としたマーケティング活動を担う「グローバルメディアグループ」、各ドメインWebサイトのUX/UIやシステムを開発する「プロダクトグループ」、海外拠点との連携を推進する「海外プロモーショングループ」、そして私が責任者を務める「企画推進グループ」です。企画推進グループは、海外の方向けの楽天トラベルサイトの運営を行う一方、事業部全体のKPIを管理しています。
推進部は立ち上げの段階ですので、まさにゼロからイチを創り出すビジネスの醍醐味を味わえます。新しいことにチャレンジしてみたい人には、とてもいい環境です。

Celine

インバウンド&
マルチカントリートラベル推進部
企画推進グループ マネージャー

あらゆる課題に立ち向かい、 事業をリードする気構え

今後の日本のインバウンド推進活動を支えていくためにも、私たちの部にはやるべきことがたくさんあります。具体的に2つのことを取り組んでいて、そのひとつが、楽天のインターネットの力で、日本の魅力を世界の人々に伝えること。日本は治安がよく、食事もおいしく、サービスや製品の品質レベルでも世界から高い評価を得ています。こうした魅力を、海外の方向けの楽天トラベルサイトでしっかり伝え、訪日を喚起していきます。ただ、国内と違って楽天トラベルの海外での知名度はまだ高くありません。海外の方が日本へ旅行したいと思った時に、私達のサイトをスタンダードに利用していただける日が来るよう、楽天トラベルではサイトの多言語化を積極的に進めています。海外では部屋単位の販売が一般的ですが、「体験を重視した宿泊プラン」など、楽天トラベルならではの「プラン売り」を魅力的に打ち出し、集客をはかっています。
もうひとつは、海外の方に楽天グループのさまざまなサービスをご利用いただくこと。楽天は楽天市場というECサイトで有名です。また、独自のポイント制度を展開しており、日本国内では、楽天市場や楽天トラベルを利用すると、どちらのサービスでも「楽天スーパーポイント」を貯められ、使えます。この楽天スーパーポイントを利用してもらう仕組みを世界へ広めていくことにより、楽天グループ及び楽天トラベルの利用価値を高めたいと考えています。

チャンスはいま。
事業創造というキャリアを手に入れよう

プロジェクトを進める上で、部内のチームワークや国内と現地の連携、担当同士のコミュニケーションは欠かせません。最近、国内の楽天トラベルで『全国の宿・ホテル自慢の看板猫ランキング』という、日本全国の宿・ホテルからエントリーされた看板猫の人気投票の結果を発表したのですが、海外の方にとっても非常に魅力的なコンテンツだったため、すぐに多言語化・ページ製作しリリースしました。国内のコンテンツやノウハウをすぐにインバウンド領域に横展開できるのは、楽天トラベルでインバウンド事業をやる1つの大きな魅力です。
前例のない事業で成果を出すために、最も必要なのが挑戦する気持ちです。旅行業界での仕事の経験の有無は関係ありません。楽天は大きなビジョンのもと、スピーディーに物事を進める社風なので、目的や目標に挑む気持ちを持っていれば居心地のよい職場になると思います。事業創造の喜びを共有できる、そんな仲間を求めています。

page top