Daigoro

ビッグデータを活用した
システム基盤の構築・改善にやりがい

Daigoro
2011年 新卒入社
ECテクノロジー統括部
ビジネスデータプラットフォームグループ
データ活用チーム
勤務地:福岡支社

経歴

2011年、新卒として楽天に入社。大阪支社の開発グループに配属され、「楽天市場」サービスの開発や運用を中心に様々な業務を経験する。その後「Rakuten France」(当時の社名は「PriceMinister」。フランスを中心にECサイトを運営するグループ会社)で半年ほど研修を受け、帰国した後にグローバル市場向けのAPI構築に従事。現在は、「楽天市場」を支えるビッグデータを扱い、ビジネスをサポートするシステム基盤を構築運用している。

Why Rakuten英語化や「地方を元気にする」キーワードに引かれる

学生時代に情報システムを専攻しました。就職先は、技術的な動きが面白そうなIT企業に絞っていましたが、同時に英語を使ってグローバルに仕事をしてみたいとも思っていました。楽天を選んだのは、入社前の2010年当時、社内公用語英語化が本格的に始まったことや、「地方をエンパワーメントする(元気にする)」といったキーワードに惹かれたからです。「『楽天市場』に参画することで、日本のどこにいても、地方でも、誰でも銀座の真ん中に店を出すことができる」といった、今までにない考え方や主張に魅力を感じました。

ビッグデータとの出会いがあり、それを加工・分析ができるプラットフォームにおもしろさを見出す

新卒で入社して以来、「楽天市場」などの大きなサービスから小さなサービスまで、様々な規模のサービスの開発や運用を経験しました。まず、大阪支社の第1開発グループに配属され、「楽天市場」のランキングシステムの開発に従事。1年後、「楽天市場」のビジネススタッフに売上状況などのレポートをタイムリーに届ける社内システムに関わり、そこで初めてビッグデータを扱いました。

また1年後に別の開発グループに移って、「楽天オート」の車特有の検索システムや、ユーザーと買取業者を繋ぐシステム構築に従事しました。これもまた1年手掛けた後に、海外研修の一環でグループ会社であるフランスのECサイト運営会社「PriceMinister」(現:Rakuten France) に出向し、半年ほど検索システムの開発に携わります。日本とのやり方の違いやカルチャーの違いなどを学べたことは、とても有意義でした。帰国後は、「Rakuten Global Market」で東南アジアなど5カ国の事業支援システムの構築を手掛けました。そしてその1年後に、東京本社に異動。2018年からは、福岡に拠点を移して、同じ仕事をしています。

ミッションは、「楽天市場」のビジネスデータプラットフォームグループで、ビッグデータを活用してビジネスをサポートするシステム基盤の構築・運用です。領域別の売り上げなどはもとより、ユーザーの購入傾向の分析から不正検知するシステムまで、担当は広範に及びます。

私の役割は、システムを開発するエンジニアや事業部のために、「Hadoop(分散処理のソフトウェア基盤)」のエコシステムを利用したアーキテクチャを組んで、ビッグデータを随意に取り出して加工・分析できる環境を整備・改善することです。ビッグデータの領域は技術進歩が速いところが面白いですし、どう構築すればより価値を提供できるか考えることも楽しいと感じています。その中でも、最もチャレンジングなところは、楽天の様々なビジネスに関わる膨大な種類のデータとペタバイトを超えるデータ量です。このデータの価値を最大限利用できるようにするために、常に試行錯誤しています。

また、部内のエンジニアを集めた「Lab Day」というイベントの立ち上げも行いました。月1回、新しい技術を使って目の前の課題にチャレンジしたり、既存のシステムを改修したりする取り組みです。機械学習やVR(仮想現実)など新しい技術にもアプローチし、その成果を社内の技術ブログにアップしています。勤務時間内にチャレンジの時間を持つことを認めてくれる職場環境は、エンジニアのモチベーションの向上にも役立っているのではないかと考えています。

楽天の魅力多様性の中で働くというエキサイティングな環境

楽天の魅力は、ズバリ職場の「多様性」です。現在の部署は、10人中日本人は3人で、アメリカ、スイス、カナダ、中国国籍の従業員が働いています。以前は、10人中日本人は私だけ、という部署もありました。そこには、日本に12人しかいないというマケドニア出身の従業員もいたぐらいです。国籍も含め、カルチャーや考え方が多様な職場で面白いです。

多様性の意義を最初に実感したのは、フランスでの海外研修の時でした。日本人エンジニアの場合、最初に仕様を固め、目的をきっちり決めてから開発をスタートさせる場合が多いと思いますが、そこではエンジニアは誰にも相談せず、自分のアイデアでまずプロトタイプをつくり、みんなで良いか悪いかを判断して修正を加えるという「アジャイル」な進め方をしていました。

こうした姿勢は、技術の選び方にも繋がります。例えば、オープンソースのソフトウェアを利用する際、日本的な考え方では安定していてすぐに使えるものを選ぶ傾向があります。ところが外国籍の従業員の場合、新しいものを見つけ、まだ安定していなければ自分たちで検証して使えそうであればとりあえず使ってみるといった傾向が強いと感じました。

この手法は時に、新しい技術を使うことが目的化してしまうマイナス面もありますが、身軽に新陳代謝をして技術を進化させ、ビジネスも進化させる推進力になる大きなプラス面ともなっています。安定した基盤の上に積み重ねていくといった日本的なやり方では、基盤そのものが変えられなくなり、新しい企画やプロダクトを提供しようという際に障害となるリスクがあります。システム開発における多様性の価値や意義は、それぞれの違いを活かすことにあるのだと思います。

このように、楽天では高度なエンジニアリングだけでなく、様々な文化をもった人たちと切磋琢磨できる環境があります。「学ぶ」という姿勢ではなく、正面から向き合って勝負するという感じです!

物事の本質が見えなければ、真の理解を深めることはできない

「誰よりも先に手掛け、先に失敗することで学ぶことができる」という考え方を大事にしています。それは「わざわざ失敗しろ」という意味ではなく、「自分が分かっていない状態にあることを理解する」という点で意義があるというからです。失敗したら「Postmortem」、つまり「検死」を行うのです。手法は「5 Why」。時系列的に、なぜ失敗したのかを5回繰り返して追究し、その根幹まで遡及します。そこで初めて物事の本質が見えてきて、真の理解が得られるのだと思います。その作業は間違いなく自分を成長させてくれると信じています。

こうして失敗から学んだことや、新たな技術を取得して新しい可能性が広がることに大きなやりがいを感じています。自分のアイデアの引き出しが増え、成長を実感できることが最高に楽しいです。

いつかは福岡に住みたい。それを楽天で叶えられた

出身が九州で、いつかは福岡に住みたい、という気持ちをずっと持っていました。妻ともよく話をしていたのですが、家を建てたり、子どもを育てるには福岡がいい、と。ただ、楽天ではそれは難しいだろうと勝手に思い込んでいたのでした。上司に相談してみたところ、「お前を手放すくらいなら、福岡に異動させる」と言ってもらえました。

今は、東京、仙台、大阪にグループメンバーがいて、4拠点をリモートでつないで仕事をしています。リモートワークに不安がなかったわけではありませんが、もともと一緒に働いていたメンバーですから信頼関係があります。それでもチームのコミュニケーションは大事ですから、チャットやビデオ会議などをフル活用しています。でも、もしかすると一緒にいるときよりも、今のほうがコミュニケーションは密になっているかもしれません。結果として、東京にいるときと、まったく変わらない状況で仕事ができている印象があります。

東京を離れると最新技術をアップデートできないのではないか、という心配を持つ人もいますが、社内で最新技術の情報が自由に閲覧できる仕組みがあります。英語ですから、東京ではなく海外から情報が入り、セッションやカンファレンスも、ビデオで十分にキャッチアップできます。むしろ福岡で、自分から情報発信する機会が増えています。

福岡に移り住んだことで、気持ちが大きく変わったと感じています。故郷がそばにあるという安心感。地方都市ならではの時間の流れ。すぐ近くにある豊かな自然。待遇は東京と同じですから、物価の安い地方都市では利点が大きい。仕事以外でも、会社のメンバーでアウトドアをしたり、妻の友人の家でバーベキューをしたりするようになりました。個人のつながりが、自然に強くなっていくのではないかと思っています。これからここで、人生をじっくり楽しんでいきたいです。

モットー

JOB職種から探す

戦略・経営企画 / 新規事業企画・サービス企画 / 営業・コンサルタント / マーケティング・PR / データサイエンティスト・データアナリスト / 金融専門職 / 物流・SCM・その他 / カスタマーサポート・運用管理

プロダクトマネージャー / アプリケーションエンジニア / インフラエンジニア / セキュリティーエンジニア/ データサイエンティスト / リサーチャー / テクノロジーマネジメント / 開発サポート

プロダクトマネージャー・プロデューサー/ プロジェクトマネージャー・ディレクター / UX / デザイナー / フロントエンドエンジニア

人事・総務・コーポレート / コミュニケーション / 法務・知的財産・内部監査 / 財務・経理