Arno

MBA向けインターンプログラムをきっかけに
楽天の持つ将来性を強く感じた

Arno
2016年 中途入社
グローバルデータ統括部
ストラテジー・オペレーション課

経歴

製造業、コンサルティング、消費者向けサービスに従事した後、メーカーなどでKaizen(業務改善)プロジェクトを主導。その後、米国マサチューセッツ工科大学でMBAを取得。

2016年、楽天株式会社に入社。CEO戦略・イノベーション室(CEIO)に配属され、ECカンパニーの企画部を兼務。これまでの経験を生かし、様々な事業の品質改善をリードしている。

Why RakutenMBAホルダーとして、三木谷さんが主導する戦略チームに参加

入社のきっかけは、MBA在学中に楽天の夏期インターンシップに参加したことです。社内のメンバーはみんな気さくで「互いに助け合う」という企業文化に惹かれ、卒業後も働きたい、と純粋に思いました。

「アジアで仕事をしたい」と漠然と考えていたこともあり、日本で働くということ、中でも楽天で働くということは、私にとってとても魅力的でした。

また、楽天市場をはじめ、楽天トラベル、クレジットカード、保険といった幅広いBtoCサービスを展開しているところにも将来性を感じました。入社の決め手となったのは、楽天がMBAホルダーに対して、大きなチャンスを提供していた点です。入社後は、CEO戦略・イノベーション室(CEIO)という三木谷さんが主導する部署に加わり、現在は様々な事業の業務改善プロジェクトに取り組んでいます。

楽天の第一線にいるスタッフとともに、業務改善に取り組む

入社後に、「会社の第一線で働くECコンサルタント(ECC)のマネージャーたちと一緒に仕事がしたい」と三木谷さんに希望を出しました。Eコマースは楽天の主要な事業であり、ECCとして働くメンバーはまさしく第一線で戦うプロフェッショナルであり、会社にとっても非常に重要な存在です。私は、前職にて様々なサービスにおけるKaizen(業務改善)プロジェクトにおいて経験を積みました。顧客満足度や従業員満足度、生産性、品質管理(バックオフィス、コールセンター、小売店舗)などの情報を総合的に判断し、サービス運用の課題を解決する、というこれまで培ってきたスキルを楽天のために役立てたいと考え、具体的なKaizenプランを提案することにしました。インターンシップ時にECCのメンバーと接する中で、彼らが現場で色々な問題を抱えていることを知りました。私が自らの経験を基に提案することで、会社にとって大きなメリットを生み出せるのでは?と思ったのです。

まず、数名のECCとテストプロジェクトを立ち上げました。彼らの日常的なタレントマネジメントや仕事の進め方を学び、改善を見込める点についていくつかのアイデアを試しました。

こうしてECCのメンバーと取り組んだ改善手法は、人事や事業戦略といった領域においても応用できることがわかり、現在はECCだけでなく、他の部署との取り組みを進めています。

中核事業の生産性を上げ、イノベーション促進に貢献する

周囲の人々の力になれることが一番の喜びです。業務改善を通じて最前線で働くスタッフをサポートし、生産性の向上に貢献できることは非常に大きなやりがいがあります。ECCのメンバーと一緒に仕事を始めたとき、私は“部外者”のような立場だったのですが、彼らは私がやろうとしているプロジェクトに理解を示してくれて、すぐにチームの一員として仕事をすることができました。部外からの提案を歓迎してくれるところはまさに「楽天らしさ」だと思います。

楽天は多岐にわたる分野でイノベーションを起こしています。新しい技術を開発したり、有望なスタートアップ企業へ投資することはグローバル企業にとって必要な戦略ですが、私は今までに身につけた知識や経験を生かして、中核事業の生産性を上げるための課題解決策を提案するという側面から、楽天のイノベーション促進に貢献したいと考えています。

長期的な視点を持つことで、何事も前向きに取り組める

「This too shall pass.(これも過ぎ去るだろう)」という言葉を大切にしています。ことわざなのですが、他の文化に触れたときに、非常に普遍的なメッセージだと実感します。仕事で大きな重圧を感じるときも「仕事は人生の一部。長い目で見れば大きな問題ではない」と考えるようにすることで、厳しい時期でも長期的な視点を持って、前向きに課題に取り組むことができます。

また、色々なことが良い方向に進んでいる場合は一度ペースを落とし、自分自身が置かれている状況に感謝するという気持ちも忘れないように心がけています。

自らがやりたいことを実現できる組織

楽天は非常に柔軟性のある組織で、常に新たな課題にチャレンジすることができます。私の場合も、入社後すぐに自分のアイデアを実現する機会を与えてくれました。楽天は幅広い事業を提供しており、様々な部署で優秀な人材を必要としています。ここで働くことは全ての人にとって、大きな成長につながるはずです。

「楽天に入社し、日本で働く」ということは、当初予想していた以上に、私にとって本当に素晴らしい経験になっています。現場の声に入社後すぐに耳を傾け、みんなが置かれている状況を改善し、未来のビジネスへとつなげていく。今の環境を楽しみながら、今後もより多くのプロジェクトを達成できるよう、自分にしかできない努力を続けていきたいと思います。

※所属表記・記事の内容は、取材当時の内容に基づきます

モットー

JOB職種から探す

戦略・経営企画 / 新規事業企画・サービス企画 / 営業・コンサルタント / マーケティング・PR / データサイエンティスト・データアナリスト / 金融専門職 / 物流・SCM・その他 / カスタマーサポート・運用管理
プロダクトマネージャー / アプリケーションエンジニア / インフラエンジニア / セキュリティーエンジニア/ データサイエンティスト / リサーチャー / テクノロジーマネジメント / 開発サポート
プロダクトマネージャー・プロデューサー/ プロジェクトマネージャー・ディレクター / UX / デザイナー / フロントエンドエンジニア
人事・総務・コーポレート / コミュニケーション / 法務・知的財産・内部監査 / 財務・経理