働き方について知る: Marcy

事業の想いを汲んだ財務運営を通して、
事業とコーポレート部門の架け橋になりたい。
Marcy
財務部
シニアマネージャー

現在の仕事内容

楽天グループ全体の財務戦略策定や、資金調達計画などを統括する部署で、シニアマネージャーを務めています。多岐にわたる事業の業績動向や投資活動を把握し、経営戦略を実現するために必要な資金を適切なタイミングで確保できるよう、CFO(Chief Financial Officer)やCEOにレポーティングし、ときには注力すべき事業領域や投資の優先順位について議論もします。楽天はスピーディにM&Aを実行し、新たな事業を創出していく企業です。即時に資金が必要になるときもありますので、そこは財務の腕の見せ所。適切かつ安全な財務運営で、アグレッシヴな経営姿勢を支えています。

現在の環境

財務部は、マネジメントに近い立場で全社の動向を把握する部署とも言えます。トップマネジメントの方向性や、事業展開の情報が集約される経営の最前線にいるため、ダイナミズムを感じられる刺激的な環境です。役員の意思決定はとても早く、財務運営も同じスピードが求められるため、他の会社では得られ難い成長を実感できます。楽天グループ全体の財務状況、事業の利益や投資、借入額などの数字は、常に頭に入れており、ディスカッションの場でも即座に経営判断の材料が出せるように心がけています。

スキルアップについて

シニアマネージャーとして部署の人材育成強化はもちろん、今後は事業とコーポレート部門の連携強化を図っていきたいです。私は新卒で銀行に就職しましたが、事業運営に関心を持ち、転職をしました。楽天に転職してからは、広告事業で商品企画や、海外で新たな部署の立ち上げを経験しました。売上や利益を上げる事業の苦労も、身をもって理解しています。事業マインドを持った金融機関出身者として、事業とコーポレート部門の交流を促し、前線に立つ事業の人たちのサポートをより親身に行える風潮を、コーポレート部門に広めていきたいです。バックオフィスの人々が事業マインドを持てば、会社はもっと強くなるはずですから。

キャリアについて

当面は、この部署で得られる様々な業務のスキルを深掘りしていきます。ゆくゆくは、幅広い視野を持って、事業や会社運営の責任を背負える人材になりたいですね。楽天のマネジメントは、グループ全体の財務をみるCFOと、事業をみるカンパニープレジデントで、ある種の分業がなされていますが、これまでのCFOの中には、事業側のカンパニープレジデントの経験を有する方もいらっしゃいます。私も事業とコーポレート部門、双方の業務経験を積んだハイブリッド人材として、両者の責任を負えるポジションに進み、社内コミュニケーションの強化などを通じて、楽天をより強い組織にしていきたいです。

楽天で働く環境や制度で
気に入っているものはありますか?
在宅勤務が可能な点。子供に熱が出た際も、自宅でビデオ会議に参加することができて、助かりました。
今の所属部署の人数と中途入社者の
割合はどのくらいですか?
9名のうち、中途入社は5名。中堅以上は中途入社が多いですが、ここ数年は新卒採用も増えています。
休日は主に何をして過ごしていますか?
子供との散歩や、家族のお出かけが多いです。近所のグラウンドなどで、ボール遊びなどをしていますね。