トップメッセージ

企業の枠を越えて、
未来を信じ、共に明日を創っていく

私たちは1997年の創業時より、イノベーションの力を信じ、大切にしています。未来の可能性を信じ、より良い明日を創っていくことを目指しています。

創業から20年目には、これまでの延長線上にはない未来に向けて体現し続けるべきビジョンとして、「グローバル イノベーション カンパニー」となることを掲げました。インターネットが日常のあらゆるシーンに溶け込み、社会のインフラとして当たり前のものとなる中、これからの数年だけでなく、数十年単位で、世界で起こりうる大変革を見据えた決意です。

楽天は、Eコマースのパイオニアとして、イノベーションを起こすことでその歩みを進めてきました。「インターネットで人はモノを買わない」と言われた時代に、コンピューターに強くなくても誰でも簡単にお店を開けるインターネット・ショッピングモール「楽天市場」を開設しました。売り手と買い手がつながり、自由にやりとりのできる場をネット上に初めて創り、「発見する楽しさ」のある新しいショッピング体験を生み出しました。また、今では当たり前となったネット上のお買い物でのポイントプログラム導入や、ネットショッピングと同じ会員IDを使い、ポイントも貯めることのできるクレジットカード決済を実現するなど、世界に先駆けた新しいサービスを提供してきました。

社内公用語を英語にするという取り組みも、世界中から楽天に優秀な人材を惹きつけるとともに、国境を越えて多様なアイデアがオープンに行き交う文化を促進し、イノベーションを加速させる原動力となってます。こうした中、世界市場を視野に入れた、新しいオープン型ECプラットフォームやアドテックのほか、ディープラーニング(深層学習)を活用したチャットボットやAI(人工知能)技術、ドローンによる配送実験などの分野における新しいビジネスモデルやベンチャー人材にも投資し、現状にとらわれないイノベーションに次々と挑んでいます。

現在、Eコマースにとどまらず、トラベル、デジタルコンテンツ、通信などのインターネットサービス、クレジットカードをはじめ、銀行、証券、保険、電子マネーといったFinTech(金融)サービス、さらにプロスポーツといった多岐にわたる分野で70を超えるサービスを提供するようになっています。これらライフシーンを幅広くカバーする様々なサービスを、楽天会員を中心としたメンバーシップを軸に有機的に結び付け、ユーザーのグループサービス内での回遊性を高め、他にはない独自の「楽天エコシステム(経済圏)」を拡大させています。

最初の20年の成長とともに、社会におけるイノベーション促進においても、楽天が果たすべき責務は大きくなってきています。コンプライアンスの遵守や情報セキュリティ管理を徹底し、コーポレート・ガバナンスを率先して拡充していくとともに、ダイバーシティ(多様性)の尊重に企業戦略として取り組み、一人ひとりが活躍できる社会の形成にも寄与していきたいと考えています。また、「社会を良くしたい」という想いを持つ、テクノロジーに通じた次世代の起業家がどんどん生まれるような環境をつくっていくことも使命と考えています。

グローバル市場へと歩みを進める中、私は、楽天グループの人材からだけでなく、ベンチャー企業や教育機関、国内外の企業など、夢の実現に向けて共に働いている世界中のパートナーから、日々、大きな刺激と気づきをもらっています。

2017年7月からパートナーシップが始まった「FCバルセロナ」は、「More than a Club(クラブ以上の存在)」として地域と共に発展し、世界中から愛される存在となっているサッカーの名門クラブです。楽天も創業時から、「More than a Company(企業の枠を越えた存在)」として地方や中小企業の皆様と共に発展するという思いを大切に歩んできました。こうした価値観を共有するパートナーと共に、今後さらに世界の多くの方々から愛され、支持される存在となることを目指していきます。

私たちは、イノベーションとそれを興す強い決意(アントレプレナーシップ)、そして仲間とのパートナーシップこそが、世界を動かし、明日を創っていくと信じています。

常識にとらわれず、アイデアを組み合わせ、イノベーションを生み出し続ける。企業の枠を越えて、人々の夢の実現を後押しすることで、世界に喜びと楽しさを届けたい。

そんな志をこれからも大切にし、皆様と想いを分かち合い、共に未来を切り拓いていきたいと思っています。

2017年 7月
代表取締役会長兼社長

三木谷 浩史