Rakuten Socio Business, Inc.Rakuten Socio Business, Inc.

トップ>業務紹介>社員紹介

Interviewインタビュー

Taihei2017年入社

物理的にも精神的にも親会社との壁がない。個人の能力に合わせて、様々な業務に挑戦できます。

楽天ソシオビジネスに入社した理由・きっかけはなんですか?

就職活動では一般企業と特例子会社の双方を受け、複数社か内定を頂戴しました。最終的にソシオビジネスを選んだ決め手は、環境です。職場見学を通じて、「物理的にも精神的にも親会社との壁がない」と感じたのです。オフィスは楽天グループの本社「楽天クリムゾンハウス」の中にあり、社員の皆さんがそれぞれグループの一員として活躍している。業務も一定の範囲内に絞られたものではなく、障がいの種類や特性、個人の能力に合わせて、様々な業務に関わるチャンスがある。ここならのびのびと仕事ができると思い、入社を決めました。

また、朝、昼、夕食が無料で提供される社員食堂では、栄養バランスが偏ることなく、健康的な食事をとることができますし、服装も自由で、カジュアルな格好でストレスフリーに仕事ができます。

のびのびと働ける環境は、私にとって大切な要素です。元来、私はリーダーシップをとって物事に取り組むタイプです。学生時代は、仲間と一緒にボランティアサークルを立ち上げ、バリアフリーマップの作成や、障がいのある方々のサポートなどを行っていました。そのサークル活動で培ったリーダーシップは、現在の業務にも生かせています。メンバーとは日頃から積極的にコミュニケーションをとり、ひとりで悩んでいる様子のメンバーを見かけた時には率先して声を掛けています。私自身が悩みを抱えている時は、組織内外問わず、先輩方に相談に乗ってもらっています。やはり、人と人の間に「壁がない」環境は大切です。

現在のお仕事内容について教えてください。

新卒1年目は、保険証の発行や傷病手当金の窓口業務など、社会保険担当として楽天グループ社員の生活を支える業務に携わりました。2年目以降は社会保険業務と並行して、ソシオ内の営業ユニットであるビジネスセールスユニットや、社外広報委員会の業務などにも参画しています。

私が所属する人材管理サポートチームには、住民税と年末調整の2つの大きな案件があり、私は年末調整の主担当を任されています。年末調整業務の対象者は約4000人。大量の書類処理とデータ作成が必要です。最初は不安でいっぱいでしたが、先輩方からアドバイスをいただき、業務の細分化とタイムマネジメントのプランを精査し、全力で対応しています。

また、データ業務のみならず、窓口対応のスキルも高める必要があります。楽天グループは、ダイバーシティに富んでおり、英語対応や手話など、多様なコミュニケーションが求められます。いずれもまだまだ習得途中ですが、実務を通してスキルアップをしている手応えはあります。外国籍の方に社会保険制度の仕組みの説明から行い、無事に手続きが完了した際に、「Thank you so much」と感謝されて、大きな充実感を覚えました。

英語も手話も、大切なのは正確かつ簡潔に物事を伝えること。これからスキルを磨き、いずれは英語や手話でミーティングができるまでレベルを高めていきたい。そして、社会人としてどんな場面でも活躍できる人材になりたいです。

一日の流れ

自席作業

年末調整窓口業務

8:30

出社、自身の業務の整理

9:00

朝礼

9:15

窓口業務、社保業務のメール対応

10:00

チームMTG

11:00

年末調整業務

窓口対応、書類整理、他チームとの調整

13:00

昼食

14:00

GHRとの年末調整MTG

14:30

年末調整業務

窓口対応、書類整理、他チームとの調整

17:30

日報、次の日の準備

18:00

退社

社員インタビュー

事務・人事職

Taihei

2017年入社

詳細を見る

事務・人事職

Umika

2018年入社

詳細を見る

採用情報

社会に貢献する企業として、『障がいのある方に雇用の機会を創出し成長する。障がいのある方が成長できるような価値ある仕事を提供する。』この目標を掲げ日々成長している会社です。クリエイティブ制作、データ処理、業務サポート、印刷サービスといったグループ各社からの多種多様な幅広い業務を請け負っています。

詳細を見る