トップ > 投資家情報 > 経営方針 > ディスクロージャーポリシー

このページを印刷する

投資家情報

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャー基本方針

当社グループは、上場会社として金融商品取引法、金融商品取引所の適時開示規則等の関連法令及び規則に従い、株主及び投資家に対して適時かつ適切な情報を開示することに加え、社会的存在である企業として取引先、顧客、ユーザー、従業員等のステークホルダーに対して公平に情報を開示し、透明性及び信頼性の高い情報開示体制を構築することを通じて、株主価値の向上に資することを目指します。

情報開示体制

当社は、最高財務責任者を、グループ会社(当社以外の上場グループ会社及びその子会社を除く。)の適時かつ適切な情報開示を実行する責任を負う情報開示担当役員と社内規程にて定め、東京証券取引所に届け出ております。
株主・投資家との対話にあたっては、最高財務責任者に加えて、IR専任者を設置し、常時株式市場とのコミュニケーションを行っております。最高財務責任者及びIR専任者等は、関係部署と連携することにより常に事業の状況を適切に把握するとともに、四半期決算や金融商品取引所の適時開示規則における重要事実について適時かつ公平に開示する体制を整えております。
開示規則に該当する情報の開示は、適時開示情報伝達システム(以下「TDnet」)を通じて提供いたします。

IR活動

当社グループの企業価値を適切に評価して頂くため、投資判断に必要な経営戦略や業績、重要な経営指標等の企業情報を提供しております。
決算説明会等においては、四半期決算情報のみならず、中長期戦略についても積極的に開示しております。
また、幅広い株主・投資家の皆様に公平かつ迅速な情報発信を行うため、ウェブサイトを活用した積極的な情報開示を行っており、ウェブサイトには決算発表内容や適時開示、英文アニュアルレポート等のIR情報、コーポレート・ガバナンス情報等を公開しております。また、四半期毎の決算説明会の動画配信に加えて、最新の企業情報の動画等をウェブサイトに掲載しております。
さらに、当社グループは、株式市場の評価を定期的に経営に反映させることにより、経営の品質と透明性の向上に努めております。

インサイダー情報の管理

当社グループは、当社グループの情報やお客様等の情報が、楽天グループにとって極めて重要な資産であることを深く認識し、これらを適正に使用、管理することを楽天グループ企業倫理憲章に定めております。当社グループは、内部情報の管理及びインサイダー取引(内部者取引)の未然防止に関するグループ規程を定め、重要事実及び関係者の厳格な管理、従業員への啓蒙活動を実施しております。

沈黙期間

公平性の確保と決算情報の漏洩を防ぐために、決算発表日前に「クワイエットピリオド(沈黙期間)」を定め、当期間中は、決算に関する情報について対外的コメントや問い合わせへの回答は行わないこととグループ規程において定めております。ただし、既に公表されている事実に関する問い合わせの場合、又はこの期間中に、適時開示や法定開示を行うべき重要事実が発生した場合は、この限りではないとしております。
関連情報
このページの先頭へ