ドイツでのポジションへの応募に関する個人情報の取扱いについての情報は、ドイツでの採用活動におけるプライバシーポリシーを参照してください。その他すべての応募については、以下の採用活動におけるプライバシーポリシーが適用されます。

採用活動におけるプライバシーポリシー

採用活動におけるプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」といいます。)は、楽天グループ会社(以下に定義します。)がその採用活動にあたり取得する各候補者(以下「候補者」といいます。)の個人情報(特に、候補者プールウェブサイト(以下「候補者プール」といいます。)を通じ取得するもの)の取り扱い方法を定めるものです。

本ポリシーにおいて、「楽天グループ会社」とは、楽天株式会社(以下「楽天」といいます。)および本ポリシーを採択するその子会社を指し、日本法人であるか外国法人であるかを問いません。なお、現時点において本ポリシーを採択する楽天グループ会社の一覧は、以下のリンク先に掲載するとおりです。このページは、楽天の現子会社や将来子会社となる者が本ポリシーを採択するのに伴い随時更新される可能性があるためご注意ください。

http://global.rakuten.com/corp/about/overview.html

候補者が楽天グループ会社への応募をした場合、候補者は、候補者の情報が、本ポリシーの条件に従い利用および共有されることに同意します。本ポリシーをよくご確認のうえ、応募してください。

1.取得および利用する個人情報の範囲

本ポリシーにおける「個人情報」とは、楽天グループ会社が採用活動により取得した以下の情報をいい、その取得媒体または態様等を問わないものとします。

  1. (1)
    「Candidate Profile」を作成するため候補者より提供された情報で、次のものを含みます。
    (i) 氏名、年齢、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、学歴、職務経歴、保有する資格等の情報、現在の年収、希望年収、およびその他楽天グループ会社が「Candidate Profile」であると指定する一切の情報、ならびに、(ii)楽天グループ会社が候補者に開放する候補者プールへのログイン情報(ログインした日時を含みますがこれらに限られません。)(以下(i)および(ii)を併せて「基礎情報」といいます。)
  2. (2)
    (1) (i) 履歴書、職務経歴書、エントリーシートおよびその他の候補者の選考のために楽天グループ会社に届け出、送信、もしくは提出された書類に含まれる一切の情報、(ii) バックグラウンドチェック、リファレンスチェック、および/またはその他の確認手続きを通じ採用選考に関連して楽天グループ会社が取得する選考に関連する一切の情報、ならびに、(iii)対話、通信、電話による照会、およびその他の形式による面接等、楽天グループ会社と候補者との間で行われたあらゆる形のコミュニケーションの一切の内容(以下(i)、(ii)、および(iii)を併せて「選考情報」といいます。)
  3. (3)
    (1) 応募の履歴および選考結果(以下「履歴情報」といいます。)

楽天グループ会社は、基礎情報を候補者から取得する際、適用される現地の法令により認められる場合を除き、以下のいずれかに該当する情報(「機微情報」といいます。)の提供を求め、その取得を意図して行うことはありません。

  • 人種または民族
  • 政治的見解
  • 政治結社への加盟または宗教的信念、党派もしくは信条
  • 職能団体もしくは事業者団体への加盟、または労働組合への加盟
  • 性的嗜好または性生活
  • 犯罪歴
  • 保健医療に関する情報


現地の法令により楽天グループ会社が機微情報を基礎情報の一部として取得することが認められている場合、候補者プールの該当セクションで、何故当該情報が必要とされ、どのように使われるのかを明確にします。例えば、一部の国では、楽天グループ会社が機会均等のためのモニタリングを実施し、性別および人種についての情報を候補者に要求することが認められております。この場合、その情報の提供は任意であり、楽天グループ会社はその情報をその目的のためにのみ利用します。

候補者が楽天グループ会社に対し、基礎情報の一部として、機微情報を含む情報を自発的に提供する限りにおいては、候補者は楽天グループ会社がその情報を現地の適用法令および本ポリシーに従い利用することに同意することとなります。

候補者は、楽天グループ会社が、法令により認められている場合には、採用プロセスが進展するに応じて、機微情報を取得する必要が出る可能性があることにご留意ください。

2. 個人情報を利用し、管理する者

候補者プールから取得された個人情報
候補者プールの情報を利用し、管理する者(以下「情報管理者」といいます。)は楽天です。

楽天グループ会社内の権限を持つ者は、下記「3. 利用目的」に記載する目的のために、各楽天グループ会社内のポジションに応募した候補者により提出された個人情報(「1.取得および利用する個人情報の範囲」に所定)にアクセスし、利用することができるものとし、当該者の所属する楽天グループ会社もまた情報管理者となります。候補者の個人情報を共有する権限者が所属するこれらの楽天グループ会社は、世界各国に所在しており、それらの国の中には、適切な程度の保護義務を規定した法令を持たない国(例えば米国)が含まれる場合があります。

候補者プール以外から取得された個人情報
候補者から直接取得した個人情報および楽天から取得した個人情報の情報管理者は、当該個人情報を取得した楽天グループ会社です。

候補者の個人情報の情報管理者となる楽天グループ会社は、個人情報を本ポリシーおよび適用される現地の情報保護法令にしたがって利用するものとします。

3. 利用目的

楽天グループ会社は、候補者の基礎情報、選考情報、および履歴情報を以下の目的のためのみに利用します。

  1. 1.
    楽天グループ会社の募集ポジションについて候補者の適格性を評価するため
  2. 2.
    候補者に世界中の雇用機会についての情報を提供するため
  3. 3.
    候補者の応募について候補者に連絡し、対応を行うため
  4. 4.
    以前楽天グループ会社に応募したことがある候補者について保持している情報を確認するため
  5. 5.
    候補者プールを管理するため
  6. 6.
    技術的問題を診断するため

楽天から雇用のオファーをされた候補者には、雇用の開始に伴い個人情報がどのように使われるかについて規定したプライバシーポリシーが別途提供されます。

4.第三者に対する個人情報の提供

楽天グループ会社は、候補者プールに登録された個人情報を、以下のような場合において、第三者に開示することがあります。

  • 業務委託の場合
    楽天グループ会社が、採用業務を行うにあたり、候補者の個人情報を国内外のサプライヤーに委託する場合。これには、楽天グループ会社が、適用法令に従って行う採用調査を外部に委託する場合などが含まれます。この他には、楽天に対して、候補者プールのホスト元である第三者、または、楽天が採用業務の一部を外部の採用エージェントに委託する場合などが含まれます。
  • 法律上の理由による場合
    適用法令の遵守、法規制上の義務の遂行、または規制当局からの照会もしくは要請に対応するため
  • その他の場合
    適用法令により認められる場合、企業再建、資産の売却もしくは譲渡、合併、会社分割、またはその他楽天グループ会社の財務状況の変化を伴う取引に関連し、当該取引の当事者または当事者となる予定の者


これらの情報開示先の中には、個人情報保護法が十分な保護レベルを備えていない国が含まれることがあります。この場合、楽天グループ会社は、情報開示先に開示される個人情報に対し、適用される個人情報保護法令に基づき適切に保護することを義務付けます。

楽天グループ会社が本ポリシーで言及される業務のいずれかを第三者に委託する場合、楽天グループ会社は、委託された業務に対して技術的ならびに組織的なセキュリティ対策の実施を十分に保証する委託先を選定します。楽天グループ会社は、委託する当該楽天グループ会社の管理のもと、業務の委託を受ける第三者は、受託者として委託された業務の遂行の目的にのみ個人情報を利用することを確保します。その他、法令により認められる場合を除き、候補者の個人情報を当該候補者の同意なく第三者に開示または提供することはありません。

5.安全管理措置

楽天グループ会社は、候補者から取得した個人情報の取扱いについては特別な配慮を要する情報であることを認識したうえ、適用法令に基づき、不正な、偶発的な、もしくは違法な個人情報へのアクセス、紛失、改ざん、および漏洩の危険を防止するため、適切な技術的および組織的な安全管理措置を講じています。

6. 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去

候補者は、適用法令により認められる範囲で、自身の個人情報にアクセスする権利を有します。

候補者は、候補者プールにログインすることで、候補者プールに提供した個人情報をいつでも確認、変更および更新することができます。

楽天グループ会社は、適用法令により要求される範囲で、候補者が候補者自身の個人情報の訂正または消去を楽天グループ会社に要請する権利を有することを認めます。
候補者はまた、正当で権限ある理由を有する場合、自身の個人情報が取扱われることに反対することができます。

楽天グループ会社は不採用となった候補者の個人情報を適用法令に従い保持します。不採用となった候補者が自身の個人情報の消去を要請した場合、楽天グループ会社は実効的な範囲でできる限り速やかにその要請に応じます。

楽天グループ会社は採用活動の参考とするため候補者に関する統計情報を保持します。

7. Cookies

Cookie に関する情報は Cookie ポリシーに記載しています。

8.お問い合わせ

本ポリシーに関するお問い合わせや、権利の行使をしたい方は、下記までご連絡ください。
楽天株式会社 グローバル人事部 採用担当
メールアドレス:recruit@mail.rakuten.com


ドイツでの採用活動におけるプライバシーポリシー

本ポリシーはドイツでのポジションへの応募に関する情報の取扱いに適用されます。その他のすべての応募については、上記の採用活動におけるプライバシーポリシーを参照してください。

採用活動におけるプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」といいます。)は、楽天グループ会社(以下に定義します。)がその採用活動にあたり取得する各候補者(以下「候補者」といいます。)の個人情報(特に、候補者プールウェブサイト(以下「候補者プール」といいます。)を通じ取得するもの)の取り扱い方法を定めるものです。

本ポリシーにおいて、「楽天グループ会社」とは、楽天株式会社(以下「楽天」といいます。)および本ポリシーを採択するその子会社を指し、日本法人であるか外国法人であるかを問いません。なお、現時点において本ポリシーを採択する楽天グループ会社の一覧は、以下のリンク先に掲載するとおりです。このページは、楽天の現子会社や将来子会社となる者が本ポリシーを採択するのに伴い随時更新される可能性があるためご注意ください。

http://global.rakuten.com/corp/careers/privacy/


候補者から取得した個人情報は、目的(以下に定義します。)のために必要な場合は、必要な範囲内で、楽天グループ会社内の権限を持つ者と、個人情報の利用を規制する法令を持たない国(例えば米国)を含む全世界のオフィスにて共有されます。

候補者が楽天グループ会社への応募をした場合、候補者は、候補者プールに含められることへの同意を求められます。当該同意は任意であり、その後いつでも取り消すことができます。もし候補者が、候補者の情報が共有されることに同意しない場合は、楽天および/または楽天グループ会社は、本ポリシーで以下に詳述するとおり、個人情報を、今回候補者が応募した特定のポジションについて候補者の応募書類を処理するためにのみ利用し、その後削除します。もし候補者が同意した場合は、候補者は候補者プールに含められ、世界中の楽天グループ会社において今後の募集ポジションについても審査される可能性があります。本ポリシーをよくご確認のうえ、応募してください。

1.取得および利用する個人情報の範囲

本ポリシーにおける「個人情報」とは、楽天グループ会社が採用活動により取得した以下の情報をいい、その取得媒体または態様等を問わないものとします。

  1. (1)
    (1) 「Candidate Profile」を作成するため候補者より提供された情報で、次のものを含みます。(i) 氏名、年齢、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、学歴、職務経歴、保有する資格等の情報、現在の年収、希望年収、およびその他楽天グループ会社が「Candidate Profile」として指定する一切の情報で、目的(以下に定義します)のために必要な範囲のもの、ならびに、(ii)候補者プールへの参加を管理するために必要な、楽天グループ会社が候補者に開放する候補者プールへのログイン情報(ログインした日時を含みますがこれらに限られません。)(以下、本セクションの(i)および(ii)の内容を併せて「基礎情報」といいます。
  2. (2)
    (2) (i) 履歴書、職務経歴書、エントリーシートおよびその他の候補者の選考のために楽天グループ会社に届け出、送信、もしくは提出された書類に含まれる一切の情報、(ii) バックグラウンドチェック、リファレンスチェック、および/またはその他の確認手続きを通じ採用選考に関連して楽天グループ会社が取得する選考に関連する一切の情報(当該バックグラウンドチェックは適用法令に従い行われ、かつ必要な場合は、候補者の事前の同意を得て行われます。)、ならびに、(iii)対話、通信、電話による照会、およびその他の形式による面接等、楽天グループ会社と候補者との間で行われたあらゆる形のコミュニケーションの一切の内容で、目的(以下に定義します)のために必要な範囲のもの(以下 (i)、(ii)、および (iii)を併せて「選考情報」といいます。)
  3. (3)
    (3) 候補者の同意を得て候補者プール内に保存されている場合、応募の履歴および選考結果(以下「履歴情報」といいます。)

楽天グループ会社は、基礎情報を候補者から取得する際、適用される現地の法令により認められる場合を除き、以下のいずれかに該当する情報(「機微情報」といいます。)の提供を求め、その取得を意図して行うことはありません。

  • 人種または民族
  • 政治的見解
  • 政治結社への加盟または宗教的信念、党派もしくは信条
  • 職能団体もしくは事業者団体への加盟、または労働組合への加盟
  • 性的嗜好または性生活
  • 犯罪歴
  • 保健医療に関する情報

現地の法令により楽天グループ会社が機微情報を基礎情報の一部として取得することが認められている場合、候補者プールの該当セクションで、何故当該情報が必要とされ、どのように使われるのかを明確にします。例えば、一部の国では、楽天グループ会社が機会均等のためのモニタリングを実施し、性別および人種についての情報を候補者に要求することが認められております。この場合、その情報の提供は任意であり、楽天グループ会社はその情報をその目的のためにのみ利用します。
候補者が楽天グループ会社に対し、基礎情報の一部として、機微情報を含む情報を自発的に提供する限りにおいては、楽天グループ会社はその情報を現地の適用法令および本ポリシーに従い利用します。

候補者は、楽天グループ会社が、法令により認められている場合には、採用プロセスが進展するに応じて、機微情報を取得する必要が出る可能性があることにご留意ください。

2. 個人情報を利用し、管理する者

候補者プールから取得された個人情報
候補者プールの情報を利用し、管理する者(以下「情報管理者」といいます。)は楽天です。

楽天グループ会社内の権限を持つ者は、目的(以下に定義します。)のために必要な場合は、必要な範囲内で、特定のポジションについて候補者の適性を評価するため、個別の楽天グループ会社内のポジションに応募した候補者により提出された個人情報にアクセスしそれを利用することができ、当該会社もまた情報管理者となります。

候補者プール以外から取得された個人情報
候補者から取得した個人情報は、個人情報を取得した楽天グループ会社により管理されます。当該個人情報は、候補者が候補者プールに含められることを希望し、かつ候補者が事前に同意した場合に限り、候補者プールの情報管理者である楽天と共有されます。

候補者の個人情報の情報管理者となる楽天グループ会社は、個人情報を本ポリシーおよび適用される現地の情報保護法令にしたがって利用するものとします。

3. 利用目的

楽天グループ会社は候補者の個人情報を以下の目的のためにのみ利用します。

候補者が同意した場合は、楽天グループ会社は候補者の基礎情報および有する場合には選考情報を含む個人情報を、候補者の応募書類を処理するため、候補者が応募した特定のポジションについて候補者の適性を評価するために必要な範囲でのみ取得、保存、共有、および利用します。

候補者が候補者プールに含まれることに明示的に同意した場合は、楽天グループ会社は候補者の基礎情報、選考情報、および履歴情報を以下の目的のために必要な範囲で取得、保存、共有、および利用します。

  1. 1.
    楽天グループ会社の募集ポジションについて候補者の適格性を評価するため
  2. 2.
    候補者に世界中の雇用機会についての情報を提供するため
  3. 3.
    候補者の応募について候補者に連絡し、対応を行うため
  4. 4.
    以前楽天グループ会社に応募したことがある候補者について保持している情報を確認するため
  5. 5.
    候補者プールを管理するため
  6. 6.
    技術的問題を診断するため

楽天から雇用のオファーをされた候補者には、雇用の開始に伴い個人情報がどのように使われるかについて規定したプライバシーポリシーが別途提供されます。

4.第三者に対する個人情報の提供

楽天グループ会社は、候補者により登録された候補者の個人情報を、以下のような場合において、第三者に開示することがあります。

  • 業務委託の場合
    楽天グループ会社が、採用業務を行うにあたり、候補者の個人情報を国内外のサプライヤーに委託する場合。これには、楽天グループ会社が、適用法令に従って行う採用調査を外部に委託する場合などが含まれます。この他には、楽天に対して、候補者プールのホスト元である第三者、または、楽天が採用業務の一部を外部の採用エージェントに委託する場合などが含まれます。
  • 法律上の理由による場合
    適用法令、法的もしくは規制義務、または規制当局からの照会もしくは要請に対応するために必要な範囲内で、その他の規制もしくは行政機関、または規制もしくは行政当局。
  • その他の場合
    適用法令により認められる場合、企業再建、資産の売却もしくは譲渡、合併、会社分割、またはその他楽天グループ会社の財務状況の変化に関連し、候補者の個人情報の情報管理者とみなされる法定相続人または取得者

これらの情報開示先の中には、個人情報保護法が十分な保護レベルを備えていない国が含まれることがあります。この場合、楽天グループ会社は、情報開示先に開示される個人情報に対し、適用される個人情報保護法令に基づき適切に保護することを義務付けます。

楽天グループ会社が本ポリシーで言及される業務のいずれかを第三者に委託する場合、楽天グループ会社は、委託された業務に対して技術的ならびに組織的なセキュリティ対策の実施を十分に保証する委託先を選定します。楽天グループ会社は、委託する当該楽天グループ会社の管理のもと、業務の委託を受ける第三者は、受託者として委託された業務の遂行の目的にのみ個人情報を利用することを確保します。その他、法令により認められる場合を除き、候補者の個人情報を当該候補者の同意なく第三者に開示または提供することはありません。

5.安全管理措置

楽天グループ会社は、候補者から取得した個人情報の取扱いについては特別な配慮を要する情報であることを認識したうえ、適用法令に基づき不正な、偶発的な、もしくは違法な個人情報へのアクセス、紛失、改ざん、および漏洩の危険を防止するため、適切な技術的および組織的な安全措置を講じています。

6. 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去

候補者は、適用法令により認められる範囲で、自身の個人情報にアクセスする権利を有します。

候補者は、候補者プールにログインすることで、候補者プールに提供した個人情報をいつでも確認、変更および更新することができます。

楽天グループ会社は、適用法令により要求される範囲で、候補者が候補者自身の個人情報の訂正もしくは消去を楽天グループ会社に要請する権利を有することを認めます。候補者はまた、正当で権限ある理由を有する場合、自身の個人情報が取扱われることに反対することができます。

楽天グループ会社は不採用となった候補者の個人情報を候補者が所在する国の適用法令に従い保持します。不採用となった候補者が自身の個人情報の消去を要請した場合、楽天グループ会社は実効的な範囲でできる限り速やかにその要請に応じます。

候補者が候補者プールに含まれることに同意した場合は、候補者はその後いつでも有効に当該同意を取り消すことができます。その場合、当該個人情報はできる限り速やかに削除されます。

楽天グループ会社は採用活動の参考とするため候補者に関する匿名の統計情報を保持することがあります。

7. Cookies

Cookie に関する情報は Cookie ポリシーに記載しています。

8.お問い合わせ

本ポリシーに関するお問い合わせや、権利の行使をしたい方は、下記までご連絡ください。
楽天株式会社 グローバル人事部 採用担当
メールアドレス:recruit@mail.rakuten.com

page top