ニューノーマル時代に向けて、
コレクティブ・ウェルビーイングを考えよう

コレクティブ・ウェルビーイング※1

ニューノーマル時代※2の持続可能なチームの在り方

新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、私たちは突如、働き方を変えざるを得なくなりました。
時差勤務や在宅勤務など、「時間」や「場所」に縛られない働き方を経験したことによって、今後、さらに働き方の多様化が加速すると考えています。選択肢の増加に伴い、企業も個人も、自らの進むべき方向性を自律的に選択することが求められる時代になっていくことでしょう。
こうした変化の中で、私たちは今こそ、ニューノーマル時代に合った持続的なチームの在り方を考える必要があるのではないでしょうか。そのきっかけとなるよう、楽天ピープル&カルチャー研究所は、「コレクティブ・ウェルビーイング」に関するガイドラインを作成しました。本ガイドラインでは、持続的なチームの在り方を検討する上で、「企業」と「働く個人」の両側面から、3つの要素「仲間」「時間」「空間」(三間)の設計と、それぞれに「余白」を設けることが大切だと考えました(三間+余白)。
本ガイドラインを実行しやすくするために、当研究所のグローバルネットワークから集めた世界中の具体的な施策リストや、日々の会議や面談で活用いただけるよう独自開発した簡易ツールをご用意しました。広く、企業と働く個人の皆さまにお役立ていただくことを願い、どなたでもダウンロードいただけるよう公開させていただきます。

※1 コレクティブ・ウェルビーイング:「ある目的のもとに、ありたい姿を持つ多様な個人がつながりあった持続可能なチームの状態」と定義します
※2 ニューノーマル時代:「新型コロナウイルスの存在を前提とした、新たな常態(新常態)」と定義しています

持続可能なチームであるための三間さんまと余白」

マネジメントの方々へ

先行きが不透明で変化が当たり前となるニューノーマル時代。企業は、求心力として自社の目的(存在意義)を明確化し、そこに集う多様な価値観を持つ従業員が、持続的に本来もつ能力を発揮できる環境を整える必要があると考えます。そのためには、「仲間」「時間」「空間」それぞれに「間(余白)をデザイン」することを推奨します。
従来より、企業は人・物・金・情報のリソース管理によって組織成果の最大化を行ってきました。これに加えて、ニューノーマル時代には、一見すると短期的な生産性を追求する上では、成果に結びつかないないように思われがちな「間(余白)のデザイン」こそが、持続可能なチームづくりのポイントになると考えます。

仲間をつなぐ

  • 目的(存在意義)や価値観の発信
  • 多様な仲間との雑談(間)の推奨

時間を区切る

  • 仕事やチームの節目を演出
  • 計画的休憩(間)の推奨

空間を整える

  • 物理的空間とバーチャル空間での自社の演出
  • 場所や協業ツールの選択肢(間・幅)の提供

働く一人ひとりのみなさまへ

個人が自律的に、自らの働き方を選択していくニューノーマル時代。私たちは、多くを会社から決められ、与えられていた状態から、自分のウェルビーイング(よりよい状態)をセルフプロデュースすることが必要になると考えています。
つまり一人ひとりが、自らのありたい状態や価値観に基づいて自分なりの働き方を見つけ、表明し、多様な価値観を持つ同僚とつながりを作っていくことが大切だと考えます。
手始めに「三間+余白」のそれぞれについて、自身の課題や大切にしたい価値観を見つめ直し、自分なりに工夫してみることから始めてみませんか。

人として繋がる

  • 最適なチームの在り方に向けて、何が工夫できるでしょうか?
  • チームメンバーが大切にしている価値観(間)を理解していますか?

時間を操る

  • オン/オフの切り替えやリフレッシュの予定は、予め計画されていますか?
  • 考えたり、振り返るための余白時間(間)は、確保できていますか?

仕事場を演出する

  • 能力を最大限発揮するために、どのような環境やツールが必要ですか?
  • リラックスして心身を休めたり、発想力を豊かにする場所(間)はどこですか?

ガイドライン/ツール集

ガイドラインの内容をより身近に、日々の仕事の中で活用いただけるよう、ご利用いただける簡易ツールを公開します。

ガイドライン

ガイドライン策定プロセス

楽天ピープル&カルチャー研究所では、広く社会に研究成果を還元するため、国内外企業の先進的な事例や学術研究をインプットに、本件研究所のアドバイザリーボードと定期的に議論を行っています。
本ガイドラインは、アドバイザリーボードメンバーおよび外部有識者との議論や情報提供を経て策定されました。

研究結果の共有/発信までのプロセス

研究結果の共有/発信までのプロセス

本ガイドライン策定プロセス

本ガイドライン策定プロセス

About us

楽天ピープル&カルチャー研究所は、2018年10月に楽天グループ内に設立された、組織と個人の関係性と企業文化に特化したグローバルな研究機関です。
各分野の専門家からなるアドバイザリーボードと共に、世界中の先駆的な事例や研究成果を収集し、楽天グループ内での検証を通じて、革新的な理論の確立とソリューションの創出を目指しています。

Advisory Board Members
Team
Larry Emond
Larry Emond

Gallup Inc
マネージング・パートナー

八木 洋介
八木 洋介

株式会社people first
代表取締役

Tsedal Neeley
Tsedal Neeley

ハーバード・ビジネス・スクール
ネイラー・フィッツヒュー記念講座教授

中竹 竜二
中竹 竜二

株式会社チームボックス
代表取締役

石川 善樹
石川 善樹

予防医学研究者・博士(医学)
(公財)Well-being For Planet Earth 代表理事

永山 晋
永山 晋

法政大学経営学部
准教授

小林 正忠
小林 正忠

楽天株式会社 
常務執行役員&CWO
(チーフウェルビーイングオフィサー)
(公財)Well-being For Planet Earth 評議員

北川 拓也
北川 拓也

楽天株式会社 
常務執行役員&CDO 
(チーフデータオフィサー) 
楽天データマーケティング株式会社 取締役
(公財)Well-being For Planet Earth 理事

日高 達生
日髙 達生

楽天ピープル&カルチャー
研究所 代表

杉原 祐紀
杉原 祐紀

楽天ピープル&カルチャー
研究所

コレクティブ・ウェルビーイングに関する最新情報はFacebookページをご覧ください