トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2015年11月5日
  • 楽天株式会社

楽天の共通ポイントサービス
「Rポイントカード」を「楽天ポイントカード」に名称変更

 

  楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)は、本日、「Rポイントカード」の名称を「楽天ポイントカード」に変更しました。企業名を冠した名称を採用することで、楽天グループの共通ポイントカードとしてさらなる認知拡大を図ります。なお、現在ご利用いただいている「Rポイントカード」も引き続きご利用いただけます。

  新名称への変更を記念し、本日より「総額1億ポイントプレゼントキャンペーン」を実施します。加盟店舗にて月額累計500円(税抜)以上の支払いを行い、「楽天ポイントカード」サービスを利用されたお客さまの中から抽選で総額1億ポイントをプレゼントします。

 

キャンペーン概要

 

■開催期間: 2015年11月5日(木)~2016年8月31日(水)
■キャンペーン名: 「総額1億ポイントプレゼントキャンペーン」
■URL: http://point.rakuten.co.jp/rpointcard/campaign/100mpoint/20151105/
■キャンペーン内容: 加盟店舗にて、本サービス専用のカードまたはアプリを提示して、月間累計500円(税抜)以上購入されたお客さまの中から抽選で毎月801,100名様に「楽天スーパーポイント」をプレゼント
※現在「Rポイントカード」をご利用されている方も参加いただけます。
■キャンペーン特典:
・1等: 10,000ポイント 100名様
・2等: 1,000ポイント 1,000名様
・3等: 10ポイント 800,000名様

「楽天ポイントカード」について
加盟店舗での買い物やサービス利用時にカードまたはスマートフォンアプリに表示されるバーコードを提示するだけで、ポイントが貯まる共通ポイントサービスです。「楽天ポイントカード」は、楽天グループの各種サービスでも利用できる「楽天スーパーポイント」を貯めたり使ったりすることができ、現在、コンビニや百貨店、飲食店、ガソリンスタンドなど、様々なサービスで利用できます。

 

以上

 

このページの先頭へ