トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2013年6月28日
  • 楽天株式会社

楽天グループによるエネルギーサービス「楽天エナジー」誕生

新たなサービスで楽天経済圏のさらなる拡充を目指す

 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、本日、エネルギーサービスの「楽天エナジー」を新たに開始しました。「楽天エナジー」は、「再生可能エネルギー事業」、「エネルギーソリューション事業」、「パワーサプライ事業」の3つの事業で構成されます。これを機に、東日本大震災以降の国内のエネルギー需給変動や、シェールガス革命に代表されるパラダイムシフトなどを新たな事業機会と捉えて、ビジネスを拡大していきます。

 楽天は、昨年7月に太陽光発電システム販売の「楽天ソーラー」を開始し、今春には東京電力、関西電力および九州電力管内におけるデマンドレスポンス事業への参入や、電力利用に関連したメンバーシップサービスの開始など、エネルギー領域で様々な事業を展開してきました。サービスを展開する中で、エネルギー事業領域は今後の成長が見込めるとともに、楽天の強みが生かされる分野と判断し、これまでの取り組みをさらに発展させるため、このたび「楽天エナジー」として事業を再組成するに至りました。今後は、「楽天エナジー」においてエネルギー事業全般を展開しつつ、「楽天ソーラー」ブランドでは引き続き太陽光発電システムや蓄電池システム等を販売していきます。

 楽天は「世界一のインターネット・サービス企業になる」ことを目標に、世界的にもユニークなB2B2C型のマーケットプレイスの提供のほか、旅行予約、ポータルサイト、金融、電子書籍などの多様なサービスを共通の会員プログラムを通じて提供可能なビジネスモデル「楽天経済圏」を構築しています。「楽天経済圏」の下、日本国内においては、業種・形態の異なる約7万社の契約企業と、8,000万人を超える楽天会員を有しています。今後、「楽天エナジー」はエネルギーとITの融合および独創的なビジネスモデルの開発によって多岐にわたるニーズに対応し、「楽天経済圏」の多様化および拡充を目指していきます。

 また、本日より「楽天エナジー」Webサイト上に楽天エナジーFacebookページ http://www.facebook.com/energy.rakuten/ と連携したブログ型コンテンツ「R Energy Switch」http://energy.rakuten.co.jp/blog/ を開設します。「R Energy Switch」は、国内外のエネルギー関連のあらゆる話題を提供し、多くの方にエネルギーについて考える機会を創出していきます。

以上

 

このページの先頭へ