トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年11月16日
  • 楽天株式会社

「楽天市場 2012年 ヒット商品番付」を発表

生活に密着するネット消費の傾向から垣間見える
今年のキーワードは
-新技術や新しい価値・文化と
上手に付き合う「次世代型消費」が活発化-

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」での商品ジャンル別の売上データをもとに、「楽天市場 2012年 ヒット商品番付」(以下 「楽天市場番付」)を選出しましたのでお知らせします。


「楽天市場 2012年 ヒット商品番付」

 
                     東            西

横  綱      酵素              国民総スマホ
大  関    ハロウィン文化の定着      リファービッシュ家電
関  脇    おうちでプロ級美容     グリーンスムージー
小  結    シニア犬食         LED第二世代
前頭 筆頭       ネイチャーアクティビティ  新・防災需要
前頭 2枚目   ダンス・エクササイズ    タトゥーストッキング
2013年ヒット予測  
                      シニアの孫消費      セキュリティ関連
                      アジアンフルーツ       オーダーメイド
                      健脳グッズ        男の美BODY

 


▼総括  2012年の特徴

-新技術や新しい価値・文化と上手に付き合う「次世代型消費」が活発化-

 
東日本大震災が発生した昨年、日本人の消費に対する価値観も大きく変化し、生活していく上で必要なものを冷静に選択して購入する流れが見られました。つまり2011年は「選択と集中」の一年であったといえます。

  一方、2012年は、消費者が自身の生活の充実を図るため、これまでになかった新技術や新しい価値・文化を理解し、上手に付き合う「次世代型消費」が見て取れました。

  具体的には、機能性を増した「スマートフォン」や「タブレット」などの最先端機器や、新技術により抽出された「酵素」の人気、日本ではあまりなじみのなかった「ハロウィン」のコスプレ文化の台頭や、ファッション業界に新風を巻き起こした「タトゥーストッキング」の爆発的な普及などが例として挙げられます。また、震災後に新たに開発されたり、改良されたりした防災グッズや、LED電球対応のシーリングライトが売れ筋になるなど、新しい需要が生まれています。

  いま、消費者の間には、自分の生活に新技術や新しい文化を上手に取り入れるというライフスタイルが、確実に定着しつつあります。<個別の番付について> 以下、特集ページをご参照ください。

【楽天市場番付2012】URL:http://ranking.rakuten.co.jp/yearly/banduke/

<参考1>楽天市場番付の特徴

日本最大のインターネットショッピングモール楽天市場では、日用品から嗜好(しこう)品に至るまでさまざまな商品を、全国どこからでも購入することができます。楽天市場番付は、こうした幅広いユーザー層の客観的な購買データ(※)をもとに、消費に影響を与えた今年の世の中の情勢や出来事、また消費動向などを選出しています。※データ抽出期間:2012年1月1日-2012年10月31日


以上

このページの先頭へ