トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年9月20日
  • 楽天株式会社

楽天市場、日本郵便とのシステム連携で
事業者の海外向けEコマース事業を促進

- 発送ラベルや通関書類の自動作成により、
店舗の海外発送作業を簡便化 -

  楽天株式会社(東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、本日、インターネットショッピングモール「楽天市場」の海外販売サービスにおいて、出店店舗の海外発送作業の効率化を目的に、楽天市場の店舗管理システムと日本郵便の海外発送用オンラインシッピングシステムの連携を開始しました。


  楽天と日本郵便は、2012年4月、「楽天市場」の出店店舗の海外向け事業拡大およびそれに伴う海外発送の拡大に向け、楽天市場の店舗管理システムと日本郵便の海外発送用オンラインシッピングシステムの連携、国内事業者に対する共同セミナー開催などを通じた海外販売サービスの利用促進、日本郵便の海外拠点を活用した海外における楽天市場の認知度向上策の展開といった3点について、相互に協力して取り組むこととしました。このたびの両社のシステム連携は、上記事項の第1項目にあたります。


  本システム連携により、楽天市場の出店店舗は、受発注情報をもとに、EMS(国際スピード郵便)、国際小包、国際eパケットといった国際郵便の発送ラベルや、インボイスおよび税関告知書を、オンライン上で簡単に作成することが可能になります。その結果、店舗における海外発送作業が簡便化され、店舗は商品の受注から発送までを効率的に管理することができます。


  楽天は、今後も日本郵便と協力して海外向け販売をサポートすることで、全国の事業者の新規市場開拓に貢献してまいります。

以上

このページの先頭へ