トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年9月10日
  • 楽天株式会社

楽天、兵庫県川西市に新たに物流拠点を開設

-西日本地域への配送能力を強化-

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下「楽天」)は、物流サービスの強化を目的として、2013年秋を目処に、兵庫県川西市に新たな物流拠点を開設します。


  新物流拠点は、延べ床面積約2.3万坪(約7.8万平米)で、関西圏を中心とした西日本地域を広くカバーする国内物流の戦略的拠点として運営してまいります。


  楽天は、2010年に千葉県市川市に初の物流拠点を開設し、「楽天ブックス」の商品に加え、「楽天市場」に出店する複数店舗からユーザーが一括して商品を購入しまとめて受け取ることができるサービス「楽天24(※1)」の商品を取り扱ってまいりました。


  また今夏から、楽天の子会社である楽天物流株式会社が、商品在庫の入出荷、保管、梱包、配送、カスタマーサービス、各種VAS(バリューアデッドサービス)などの総合フルフィルメントサービス「楽天スーパーロジスティクス」を、楽天市場に出店する店舗に対し、市川のセンターを拠点として提供しています。


  来年、新たな物流拠点が開業することで、「楽天スーパーロジスティクス」の処理能力を高めると同時に、西日本地域への配送リードタイムの短縮を図ります。


  今後も、楽天市場の出店店舗に対する物流サービスを拡充することで、翌日配送サービス「あす楽」の対象商品を充実させるなど、配送面でもユーザーにとってより便利なショッピングモールの提供に努めてまいります。


(※1) 楽天24:複数店舗の商品を一括購入することが可能で、翌日配送にも対応している楽天市場のサービス。240円という格安な送料を実現し、3,900円以上の購入では送料無料。2010年にスタートして以来、飲料水、お米、おむつなどの日用品が人気。

新物流拠点 計画概要

【所在地】   兵庫県川西市


【敷地面積】  約37,787 ㎡ (約11,430坪)


【計画延床面積】約77,576㎡  (約23,466坪)


【着工予定】    2012年11月


【竣工予定】    2013年11月末


【開発予定地】
大阪市中心部より15km圏内の兵庫県川西市に開発される計画で、中国自動車道 池田インターチェンジより約4km、名神高速道路尼崎インターチェンジより約8.5km、国道176号線より約500m、さらに大阪国際空港(伊丹)にも約5.5キロメートルと近接しており、大阪市中心部はもちろん、神戸や京都など、広域関西圏をカバーする物流拠点として非常に利便性の高い立地。


【施設計画概要】
計画延床面積約77,576平方メートルの施設の開発を想定しており、建物上部に大型車両が乗り入れ可能なスロープを備える。

以上

このページの先頭へ