トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年8月27日
  • 楽天リサーチ株式会社

楽天リサーチ、「秋の運動に関する調査」を発表

- 9割弱が運動不足を実感!日常的に運動をしている人は4割弱 -

  楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 「楽天リサーチ」)は、秋の運動に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、8月6日から7日にかけての2日間、楽天リサーチ登録モニター(約225万人)の中から、20歳から69歳の男女計1,000人を対象に行いました。


■ 運動不足と感じている人は約9割。日常的に運動をしている人は4割弱


  日頃、運動不足と感じている人は、全体の9割近く(87.0%)にのぼる。性年代別で見ると、男性では40代、女性では30代で運動不足と感じている人が比較的多い(それぞれ89.0%、95.0%)。また、男性では60代を除くすべての層で80%以上、女性では60代を除くすべての層で90%以上の人が運動不足であると感じていることがわかった。
  一方、現在運動をしている人は4割弱(38.8%)だった。性年代別で見ると、男性では20代が55.0%で最も多く、女性で運動をしている人が最も多い年代は60代で39.0%だった。運動をしている人が最も少ないのは、男性では40代、女性では30代だった(それぞれ39.0%、19.0%)。

 

■ 運動の頻度は「週に1から2日」、運動の種類は「ウォーキング」がトップ


  現在運動をしている人に運動の頻度をたずねたところ、「週に1から2日」が41.0%と最も多く、以下「週に3日以上」(28.6%)、「毎日」(18.0%)などとなった。
  現在行っている運動の種類(複数選択)で突出して多かったのは「ウォーキング」46.6%、続いて「ジョギング・マラソン」(18.3%)、「フィットネスクラブ」(14.9%)、「ゴルフ」
(10.8%)、「自転車・サイクリング」(10.3%)などがそれに続いている。

 

■ 費用がかからない「ウォーキング」「ジョギング・マラソン」が人気


  運動をするようになった理由(複数選択)は、「健康維持」(71.9%)、「体力維持」(56.4%)、「ダイエット」(41.8%)がトップ3の回答となった。「ストレス発散」という答えも比較的多かった(26.5%)。
  また、運動にかける月々の費用について聞いたところ、最も多かったのは、「費用はかからない(無料)」が約4割(39.9%)で、「1,000円以上3,000円未満」(14.9%)、「5,000円以上10,000円未満」(12.4%)が2、3位の回答となった。「費用はかからない(無料)」が1位という結果は、ウォーキング、ジョギング、マラソンなど、お金がかからない運動に人気が集まっているという先の質問の結果と一致している。
  さらに運動を共にしている人についてたずねたところ、「一人」が圧倒的に多く60.3%だった。続いて「友人」(20.9%)と「家族・親戚」(12.6%)が続いた。

調査結果

  グラフ付きの調査結果・レポートは以下URLからご覧いただけます。
⇒  http://research.rakuten.co.jp/report/20120827/

 

【調査概要】
調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳から69歳男女
回収サンプル数:1,000サンプル(性年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間   :2012年8月6日から8月7日
調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

このページの先頭へ