トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年8月8日
  • Kobo Inc.

Kobo社の電子ブックリーダー「kobo Touch」、
小学館が創業90周年記念で全社員配布用に採用

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)の子会社であるKobo Inc.(本社:カナダ トロント市、CEO:Michael Serbinis、以下「Kobo社」)は、株式会社小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏、以下「小学館」)の創業90周年の取り組みにおいて、電子ブックリーダー「kobo Touch」が採用されることになりましたので、お知らせします。小学館は、本日創業90周年の記念日である8月8日を迎えるにあたり、全社員に対して「kobo Touch」を配布いたしました。


  昨今、電子書籍の普及に伴い、読書環境が変わり、読者のニーズも多様化しています。小学館は、電子書籍と紙の本が生み出す相乗効果を生かし、新たな出版文化の誕生を目指しています。今回の「kobo Touch」配布は、社員が新しい読書環境への理解を深め、出版人としてのスキルを向上させる目的で配布されます。配布版の「kobo Touch」には、90周年のロゴが刻印された特製のカバーとともに、同社発行のヒット作『のぼうの城 上巻』『のぼうの城 下巻』『神様のカルテ』の3作品がプリインストールされて配られます。


  「kobo Touch」は、カナダや米国、英国、フランスをはじめ世界190カ国、900万人が利用する世界有数の電子ブックリーダーです。電子書籍の世界標準規格であるEPUB3の搭載による、日本語特有の縦書き、右開き、ルビに対応する機能を備えるとともに、世界の主要言語8カ国語にも対応しています。


  Kobo社は、本の可能性を広げるため「読書革命」を提唱し、今後も、より快適な読書環境、また読書の新しい楽しさを提供してまいります。

 

以 上

このページの先頭へ