トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年7月2日
  • Kobo Inc.

楽天グループのKobo社、日本での事業をスタート
日本市場向け電子ブックリーダーの予約受付を本日開始

- 電子書籍端末の普及を目指し、7,980円で販売 -

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 「楽天」)の子会社であるKobo Inc.(本社:カナダ トロント市、CEO:Michael Serbinis、以下「Kobo社」)は、日本での電子書籍サービスを7月19日から開始いたします。日本市場に投入する電子ブックリーダーは「kobo Touch(コボタッチ)」で、日本における電子書籍端末の普及を目指し、7,980円(税込み)で販売します。本日7月2日から電子ブックリーダーの予約の受付を始め(URL http://kobo.rakuten.co.jp/)、コンテンツ配信は7月19日から開始します。

  Kobo社は、世界190カ国、900万人が利用する世界有数の電子書籍サービスを運営しており、カナダや米国、英国、フランスをはじめ、グローバルに事業を展開しています。配信する電子書籍コンテンツは、同社の電子ブックリーダーからだけではなく、アプリケーションを通じてiOS、Android、Windows、Macなど、スマートフォンやPCなどからも読むことが可能で、さまざまなデバイスに対応したオープンな電子書籍提供モデルを展開しています。

  「kobo Touch」向けに提供する電子書籍コンテンツは、世界最大級のコンテンツ数を誇る「koboイーブックストア」より購入することができます。日本語のコンテンツは、小説・エッセイやビジネス書、コミックなど多ジャンルにわたり、コンテンツ数は日本語以外のコンテンツを含め、約240万冊を用意しました。また、出版社の協力を得て、独占先行配信のコンテンツも取り揃えました。

  日本市場に投入する電子ブックリーダーは「kobo Touch(コボ タッチ)」で、目に優しく太陽の下でも読みやすいE Ink社の電子ペーパー「Pearlディスプレイ」を搭載しています。端末の重さは185グラムと軽く、片手でも手軽に書籍を読むことが可能です。また、1台の端末に最大約1,000冊のコンテンツをダウンロードし、持ち運ぶことができるため、外出先や旅先などいつでも好きな時に、本を楽しむことができます。さらに、Wi-Fi機能を搭載しているため、どこからでもワイヤレスでストアへのアクセスが可能です。

  端末の販売は、楽天のオンラインショッピングモール「楽天市場」や「楽天ブックス」をはじめ、家電量販店を通じて行ってまいります。また、大手書店に、実機に触れられるタッチ&トライスペースを設け、「kobo Touch」の周知を図ってまいります。

  Kobo社の電子ブックリーダー独自の機能として、自分が読んだ本の履歴や、読書量、読書をする時間帯など、読書ライフがひと目でわかるソーシャルリーディング機能「Reading Life」を搭載しています。「Reading Life」には条件に応じて、さまざまなオリジナルデザインの「バッジ」が付与され、コレクションできる楽しみも備わっており、これらの情報はFacebookを通じて友人にシェアすることも可能です。

  コンテンツフォーマットは、世界標準規格の「EPUB3.0」を採用し、日本語の縦書きやルビ表示など日本語独特の表現に対応します。「EPUB3.0」の日本語コンテンツを全面採用するのは、電子書籍ストアとしては「koboイーブックストア」が初めてとなります。利用者は、楽天会員IDを通じてコンテンツを購入すると、購入金額の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。また、楽天スーパーポイントを使って、電子書籍コンテンツの購入も可能です。

「kobo Touch」「koboイーブックストア」の主な特徴など詳細はこちらよりご覧ください。

以 上

このページの先頭へ