トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年6月21日
  • 楽天リサーチ株式会社

PC、スマートフォン、タブレットPC経由での
ネットバンキング利用に関するサービス満足度は7割以上

‐ ネットバンキングに関する調査 ‐

  楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 「楽天リサーチ」)は、ネットバンキングに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、5月29日から30日の2日間、楽天リサーチ登録モニター(約220万人)の中から、全国の20歳から59歳のネットバンキング利用者男女計1,000人を対象に行いました。

調査結果概要

【総括】

  近年スマートフォンの普及が加速し、各種多機能端末を保有する人が増えてきているなかで、本調査におけるスマートフォンとタブレットPCの保有率は約4割(スマートフォン:33.5%、タブレットPC:3.8%、両方:5.1%)となった。年代別でみると、20代は5割以上、30代は4割以上が保有している結果となった。

 

  ネットバンキング利用者に機器ごとの満足度をたずねたところ、PC(デスクトップ・ノート)、スマートフォン、タブレットPCともに7割以上が満足だと感じている。

一方、従来型の携帯電話のみが約4割となっていることからも、スマートデバイスの操作性や充実したコンテンツが満足度を押し上げていると分析している。

 

■ネットバンキングの利用頻度は「月に1回以上」が4割以上。 金融機関は「楽天銀行」がトップ

 

  機器ごとのネットバンキングの利用頻度をたずねたところ、「月に1回以上使う(41.9%)」が最も多く、「ほぼ毎日使う(24.8%)」、「1週間に1回以上使う(18.6%)」がそれに続いた。利用用途のトップは、「情報照会(85.1%)」「振込・振替(77.6%)」「決済(46.2%)」という結果になった。機器ごとの傾向を見ると、PC(デスクトップ・ノート)とタブレットPCでは、「定期預金」が比較的多いほか(それぞれ19.1%、22.2%)、タブレットPCでは「サッカーくじ」(22.2%)、「外貨預金」「FX」(ともに18.5%)がほかの機器に比べて多かった。タブレットPC利用者には、あらゆるサービスを幅広く活用しているアクティブなユーザーが多いことがわかる。

 

  ネットバンキングサービスを使う金融機関のトップは、楽天銀行(44.6%)」だった。ネットバンキングの利用シーンをデバイス別に聞いたところ、落ち着いてじっくり確認・検討ができる「自宅」(PC:95.5%、従来型携帯電話:63.4%、スマートフォン:65.4%、タブレットPC:81.5%)がすべての機器でトップになった。

 

■PC、スマートフォン、タブレットでは満足度7割超。携帯のみ半数以下

 

  各デバイスのネットバンキングの利用に関する満足度をたずねたところ、「非常に満足」「やや満足」を合計すると、「PC(77.1%)」「スマートフォン(70.0%)」「タブレットPC(74.0%)」と高い結果となった。 一方、従来型携帯電話の評価は低く、「非常に満足」「やや満足」を合計すると半数以下(44.7%)だった。他のデバイスと比べ操作性における問題が顕在化していると言えるのではないか。

 

調査結果

 

  グラフ付きの調査結果・レポートは以下URLからご覧いただけます。

⇒ http://research.rakuten.co.jp/report/20120621/ 

 

【調査概要】

調査エリア  :全国

調査対象者  :20歳から59歳のネットバンキング利用者 男女

回収サンプル数:1,000サンプル(年代均等割付 各セル250サンプル)

調査期間   :2012年5月29日から30日

調査実施機関 :楽天リサーチ株式会社

 

◆◆◆関連サイト◆◆◆

■楽天マネーサービス URL →  http://money.rakuten.co.jp/ 

楽天が提供する金融サービスをワンストップでご紹介。また、楽天カード、楽天証券、楽天銀行ほか、多数の金融機関の口座情報が楽天会員IDとパスワードだけで一覧表示できる「口座管理サービス」も提供中。

 

以 上

 

このページの先頭へ