トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年4月27日
  • フュージョン・コミュニケーションズ株式会社

楽天グループのフュージョン、独自クラウド技術を応用した
クラウドサービス「FUSION Cloud」を提供開始

- お客様のビジネスを加速させるクラウドサービスを目指し始動 -

  楽天グループの通信事業会社であるフュージョン・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相木孝仁、以下フュージョン)は、クラウドサービス「FUSION Cloud」の提供を2012年4月27日(金)より開始いたします。

  FUSION Cloudは、オンデマンドにITリソースを提供するIaaS型パブリッククラウドサービスです。管理コンソール経由で、必要なときに必要な分だけ、仮想マシン、ブロックストレージ、ロードバランサ、オートスケールといったITリソースを提供します。FUSION Cloudはパブリッククラウドサービスでありながら、ハイスペックな基盤を採用することで、お客様に信頼性の高いサービスを提供します。

  FUSION Cloudでは、世界的に実績のあるOpen Source Software (OSS)であるCitrix XenServer(※1)、Enterprise Service Bus (ESB) (※2) Mule (※3) およびOpen AM (※4)を利活用することで高い信頼性、サービス間の柔軟な接続や拡張を実現します。具体的には、Citrix XenServerによりミドルウェアの安定性の高さだけでなく、保守サポート面でも強固な体制を実現しています。また、サービス連携基盤である ESB Mule および認証認可基盤であるOpen AMによってFUSION Cloud内の各モジュールやサービスを制御し、外部サービスとの連携を柔軟に実現します。さらに、利用者による外部サービスのマッシュアップにも柔軟に対応可能です。

  当社は、フュージョンのクラウド・ソリューションパートナーから「ユーザー視点」に基づくフィードバックを受けながら、よりユーザーに利便性を実感いただけるようにIaaS機能を進化させてまいります。また、市場で求められる「新たなクラウドサービス作り」を目指し、楽天グループであることの強みやフュージョンの得意分野を活かしつつ、フュージョン・コミュニティの形成、サービスメニューの充実を図ってまいります。

  具体的には、第一弾として更なる成長が期待されるEC分野においてWebソリューションを提供するISV (Independent Software Vendor)とともに、Eマーチャントの売上増や事業運営の効率化等、成長を支援できるクラウド型ビジネスモデルの在り方を検討してまいります。また、IP電話サービスのパイオニアとして、これまで培ってきた電話系ICTサービスのノウハウを活かした新たなクラウド型コミュニケーションサービスの企画・開発を進める予定です。

【FUSION Cloud概要】

■サービス名称: FUSION Cloud(フュージョン・クラウド)

■提供機能: 基本機能として、メモリ、ストレージの性能等により異なる9種類の仮想マシンタイプを提供します。また、オプションとしてファイアウォール、モニタリング、固定IPアドレス、ブロックストレージ、テンプレート、ロードバランサ、オートスケール等の機能を提供いたします。詳細は
http://cloud.fusioncom.co.jp をご覧下さい。

■FUSION Cloudのお申込方法: 以下リンクよりお申し込み下さい。
http://cloud.fusioncom.co.jp

※1: 米国Citrix Systems, Inc.が提供するサーバー仮想化プラットフォームです。
※2: Service Oriented Architecture(SOA)を実現する技術の一つ。Simple Object Access Protocol(SOAP)に基づいて記述された各サービスAPIの接続を実現する論理Busで、FUSION Cloudでは全てのリソースおよびサービスはすべてESBに接続されています。
※3: 米MuleSoft社が開発・サポートしている、オープンソースのESB製品。既に3,200社以上の導入実績があります。
※4: Web上でのSingle Sign-On(SSO)を実現するためのJavaベースの認証ソフトウェア。SSOとは、一度の認証で複数のサービスの認可を同時に行う機能であり、ESBに接続されたコンポーネント間の認証認可を行っています。

以 上

このページの先頭へ