トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年4月16日
  • 楽天株式会社
  • 郵便事業株式会社

国内EC事業者の海外販売を共同で支援

- 中小企業の海外展開活性化を目指す -

  楽天株式会社(東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鍋倉眞一、以下「日本郵便」)は、本日、インターネットショッピングモール「楽天市場」の出店店舗の海外向け事業拡大及びそれに伴う海外発送の拡大に向け、相互に協力・支援をしていくことで合意しました。

  楽天は現在、日本の楽天市場の出店店舗がインターネットを通じて海外向けに簡単に販売ができるサービスを提供しています。具体的には、出店店舗が任意で対応可能国・地域を選択して販売ができるシステムを提供したり、英語が不得意な店舗に対して、海外の消費者との注文内容の確認や入金確認などに必要な英文のテンプレートを用意したり、専門スタッフによるアドバイスを行なったりしています。

  一方で日本郵便は、世界各国の郵便事業体と連携した配送網を構築し、軽量な商品を安価でお届けできる「小形包装物」や、書類や荷物を最速でお届けでき、送達状況も追跡できる「国際スピード郵便(EMS)」といった質の高いグローバルな海外発送サービスを提供しています。また、海外発送をより簡便化するために、EMSについては、集荷サービスや無料封筒、オンラインで簡単に発送ラベルを作成できるツールを提供しており、4月からはこのオンラインラベル作成機能を利用した専用ラベルを貼付することで、EMSよりも更に割安な特別料金が適用される「国際eパケット」を提供しています。

  なお、2011年9月に日本郵便がサービス提供を開始した「オークションゆうパック」においても、楽天グループである楽天オークション株式会社が第一弾のパートナーとして連携を開始しました。今回の合意書締結を契機として、両社はこれまで以上に連携を深め、協力して海外向け販売をサポートすることで、全国の事業者の新規市場開拓に貢献してまいります。

  今回の合意書に基づく具体的な取り組みは以下のとおりです。

(1)楽天サイト上における海外発送用オンラインシッピングサービス
日本郵便が提供しているオンラインシッピングの機能(※)を楽天が利用することにより、楽天市場の出店店舗は、受発注情報を基に、EMSと国際書留の発送ラベル(国際eパケットを含む)を発行できるサービスを実現します。これにより、店舗は海外発送作業を簡便化でき、また商品の受注から発送までを一元管理することが可能になります。

※ このオンラインシッピングサービスの機能は、日本郵便が定める条件を満たせばどなたでも利用できるサービスです。ご利用に条件がございますので、詳細は日本郵便の支店にお問合せください。

(2) 海外ネット通販の機会拡大への協力
楽天と日本郵便は、海外ネット通販の活用機会の拡大、海外配送に関するセミナーなどを全国で開催するなど、海外通販利用の市場開拓に協力するものとします。

(3) 世界に向けて広範な周知施策の展開と海外販売拡大の相互協力
楽天と日本郵便は、日本を代表する海外通販サイトの1つとして楽天市場を位置付け、世界中の人々に日本からの海外通販をご利用いただけるよう、日本郵便の海外ネットワークを活用して、世界に向けて認知度向上の周知施策を幅広く展開し、さらなる海外販売の拡大に向けて、相互に協力・支援していきます。

以 上

このページの先頭へ