トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年3月21日
  • 楽天リサーチ株式会社
  • 楽天カード株式会社

楽天リサーチと楽天カード、
クレジットカードに関する調査を発表

- クレジットカード保有者の約2割が1,000円未満
の買い物でもカードを利用 -

  楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 「楽天リサーチ」)と楽天カード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下 「楽天カード」)は、クレジットカードに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2月28日から29日の2日間、楽天リサーチ登録モニター(約220万人)の中から、全国の18歳から69歳の男女計1,200人を対象に行いました。

調査結果概要

【総括】
  4月の入社式や入学式が近づき、新生活を始める社会人や学生が増えてきた。全対象者にクレジットカードを初めて持った時期をたずねたところ、「18歳から20歳」が最も多く(25.9%)、続いて「23歳から25歳」(21.7%)、「21歳から22歳」(18.6%)などとなった。新しい節目を迎えたのをきっかけに決済手段の一つであるクレジットカードを保有しようと決断する人が多い。
  一方、現在最もよく使うクレジットカードは初めて持ったカードかをたずねたところ、「いいえ」が65.8%だった。日常で利用頻度の高いカードは、2枚目以降に持ったもので、「ポイントがよく貯まる」(67.1%)ことにメリットを感じているのが分かった。入会する前に、各クレジットカードのサービスや使える場所などを比較し、上手にポイントを貯めることできるクレジットカードを見極めることが重要だと言える。

■クレジットカードの保有枚数は「5枚以上」が約2割、財布の中には「2枚」が3割以上
  現在保有しているクレジットカードの枚数を全員に聞いたところ、最も多かったのが「5枚以上」(20.8%)で、「2枚」「3枚」(ともに18.6%)という回答がそれに続いた。「0枚」という回答も17.1%あった。
  財布に入れて持ち歩いているクレジットカードの枚数は、「2枚」(31.9%)、「1枚」(28.2%)、「3枚」(20.6%)が上位となり、「5枚以上」も持ち歩いている人は1割弱(7.8%)だった。クレジットカードを持ち歩かない人は4.9%で、少数ながらクレジットカードを保有していても持ち歩かないという人もいるようだ。

■ネットショッピングでの利用は約9割、リアル店舗では1,000円未満でもクレジットカードを利用
  クレジットカードの利用先についてたずねたところ、「インターネットショッピング」が約9割(85.6%)となり、続いて、「デパート」(70.6%)、「レストラン・飲食店」(56.7%)、「スーパー」(51.1%)などの回答が目立った。
  街の店舗で、一度の買い物につきいくら以上からクレジットカードを利用するのかをたずねたところ、「1,000円未満」(23.4%)と「1,000円以上から2000円未満」(18.0%)の回答を合わせると41.4%だったことから、低額でもクレジットカードで払うことに抵抗はなく、定着していることをうかがわせる。

調査結果

グラフ付きの調査結果・レポートは以下URLからご覧いただけます。
http://research.rakuten.co.jp/report/20120321/


【調査概要】
調査エリア: 全国
調査対象者: 18歳から69歳の男女
回収サンプル数: 1,200サンプル(性年代均等割付 各セル100サンプル)
調査期間: 2012年2月28日から29日
調査実施機関: 楽天リサーチ株式会社

◆◆◆関連サイト◆◆◆
■楽天マネーサービス URL →  http://money.rakuten.co.jp/
楽天が提供する金融サービスをワンストップでご紹介。また、楽天カード、楽天証券、楽天銀行ほか、多数の金融機関の口座情報が楽天会員IDとパスワードだけで一覧表示できる「口座管理サービス」も提供中。

以上

このページの先頭へ