トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年2月6日
  • 楽天トラベル株式会社

楽天トラベル、中国事業強化のため3支店を新設

- 新たに航空券販売サービスも開始 -

  楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡武 公士、以下 「楽天トラベル」)は、中国事業を強化するため、中国現地法人・上海旅之窓網絡有限公司の支店網の拡充を図ります。新たに南京、杭州、青島の3都市に支店を開設し、2月中旬にも営業を開始いたします。また、2011年8月に全額子会社化したチャイナオンライントラベル株式会社(本社:東京都千代田区、代表、鎌田 啓之)を通じて、中国のオンライン旅行サイト「快楽e行」を運営する北京創哲信息科技有限公司(本社:中国 北京市、総経理:太田 宗克、以下 「北京創哲」)と業務提携契約を締結し、中国国内での航空券販売サービスを開始しましたので、お知らせします。

  中国では、2002年に上海に現地法人を設立以降、北京、広州、大連に支店を開設し、主に、日本人渡航者向けのホテルの仕入れ営業を中心に展開しています。中国人向けにも、「上海旅窓」を通じて中国国内のオンライン宿泊予約サービスを提供するなど、中国におけるオンライン旅行サービスを提供しています。

  今回3支店を新設し、7拠点体制とすることにより、まずは日本人渡航者に対して、これまで以上に多地域にわたるホテルの部屋在庫の拡充が可能になります。成長著しいダイナミックパッケージ商品においては、ANA便が就航する3都市に拠点を設けることで、「ANA楽パック」で組み立てられる対象施設数や、部屋の供給の増加も期待され、日本人旅行者のさらなる拡大が期待されます。

  一方、中国人旅行者に対しては、「上海旅窓」を通じて、中国国内の宿泊施設の登録数や部屋の供給を増やし、より利便性の高いサイト運営を図ってまいります。また、北京創哲社との業務提携に伴い、同社を通じて、国内・国際線航空券販売が可能になり、まず「快楽e行」上で、航空券を販売します。今後は「上海旅窓」での販売も検討してまいります。

  今回の提携を機に、中国国内の旅行事業強化を図るため、まず中国人旅行者向けの国内旅行サービスを拡充し、将来的には、楽天トラベルの日本国内の宿泊在庫と連携し、中国から日本へのインバウンドの強化にもつなげてまいります。

  中国におけるオンライン旅行市場規模(*)は2010年が356億元(約4,400億円)、前年比36%増と急速な拡大を遂げています。中国における旅行市場に占めるオンライン比率は現在8%程度ですが、今後も二桁成長が続くと見られ、2012年にはオンライン旅行市場は529億元 (約6,600億円)にまで成長すると予測されています。(注)

  今年は、日中国交正常化40周年と節目の年であり、日中間の旅行者の増加が見込まれています。楽天トラベルでは、今後も中国をはじめ海外における事業展開を強化してまいります。

(注)1中国元=12.4円で換算
(*)出典: PhoCusWright社  Asia Pacific Online Travel overview

■北京創哲信息科技有限公司(北京創哲)

  北京創哲は、2004年設立の中国有数のオンライン旅行会社です。運営する旅行サイト「快楽e行」http://www.etpass.com/ では、主に中国における国内線および国際線航空券や、中国国内の宿泊施設の予約を中心に事業を展開しており、現在40万人の会員を有しています。

<参考情報>

◆楽天トラベル海外拠点と設立年月日
・上海旅之窓網絡有限公司          2002年4月30日
・韓国楽天トラベル株式会社 ソウル支店   2004年1月5日
・Rakuten Travel Guam Inc          2007年3月12日
・楽天トラベル株式会社 バンコク駐在事務所 2008年6月9日
・上海旅之窓網絡有限公司 北京支店     2009年8月20日
・楽天トラベル株式会社 香港支店      2009年8月7日
・楽天トラベル株式会社 台湾支店       2009年9月22日
・楽天トラベル株式会社 ハワイ支店     2009年10月6日
(2011年1月1日より、Rakuten Travel USA Incに移管)
・上海旅之窓網絡有限公司 広州支店     2010年7月15日
・上海旅之窓網絡有限公司 大連支店     2010年9月20日
・Rakuten Travel USA Inc NY支店      2010年12月23日
・韓国楽天トラベル株式会社 釜山支店   2011年7月6日
・楽天トラベルラウンジ サイパン        2011年8月1日

 以 上

このページの先頭へ