トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年2月3日
  • 楽天トラベル株式会社
  • 株式会社イーウェル

楽天トラベルと福利厚生のイーウェルが業務提携

- 国内宿泊予約サービスで連携 -

  楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡武 公士、以下 「楽天トラベル」)と株式会社イーウェル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅倉 泰、以下 「イーウェル」)は、業務提携し、2012年3月21日よりイーウェルが運営する福利厚生サービス「WELBOX」において、楽天トラベルの登録宿泊施設が提供する宿泊プランの予約受付を開始することとなりましたので、お知らせします。

  具体的には、イーウェルと契約する企業の従業員が福利厚生サービス「WELBOX」を通じて宿泊予約をする際、楽天トラベルに登録する国内約2万4000施設が提供する宿泊プランを、補助金やカフェテリアポイント利用分を差し引いた価格で予約ができるものです。利用者には、宿泊料金に応じて1%分の楽天スーパーポイント(楽天会員登録が必要)とWELBOX内で利用が可能なWELコインが両方付与されます。補助金やカフェテリアポイントは、イーウェルが契約する各企業が負担するもので、差し引き分の料金は、後日楽天トラベル経由で、各宿泊施設に支払われます。

  今回の業務提携により、イーウェルは、運営する「WELBOX」の会員約222万人に対し、国内最大級の登録施設数を誇る楽天トラベルの豊富な宿泊プランの提供が可能になり、宿泊予約サービスのさらなる利便性の向上が図れます。一方、楽天トラベルにとっては、新たな顧客層に対しサービスの提供が可能になり、特に福利厚生サービスを利用したレジャー需要の取り込みが期待されます。

  なお、楽天トラベルが、福利厚生サービスを提供する企業と提携をするのは、今回が初めてです。

  今後も両社では、さまざまな利用シーンにおけるサービスや商品提供を推し進め、より多くの利用者に支持されるサービスを提供してまいります。

【提携スキーム】
http://corp.rakuten.co.jp/pr/2012/0203/release_0203_01.pdf

以 上

このページの先頭へ