トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年2月2日
  • 楽天株式会社

「楽天市場」の店舗運営システムと
ヤマト運輸「B2Web」のデータ連携開始

- ユーザーは購入履歴ページで配送状況の確認が可能に -

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、「楽天市場」の店舗向け運営システム「RMS(Rakuten Merchant Server)」(以下RMS)と、ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長:山内雅喜、以下ヤマト運輸)の「送り状発行システム/B2Web」(以下B2Web)とのデータ連携を、2月13日から開始します。

  これにより楽天市場の出店店舗は、宅急便の送り状を手間なく作成することができ、商品を購入したユーザーは、商品の配送状況を簡単かつ確実に確認できるようになります。


1.背景
  これまで出店店舗が「宅急便」などの送り状を発行する際には、RMSの受注情報をヤマト運輸が提供する送り状発行ソフトに入力し直して印字したり、複写式の送り状に手書きするなどの作業が発生していました。またユーザーにとっても、商品の配送状況を確認する場合、購入店舗から案内される送り状番号をヤマト運輸のサイト上で入力し、確認する必要がありました。
  このたびRMSとB2Webのデータ連携により、わずらわしい送り状の作成作業などが軽減され、出店店舗の作業効率改善の支援と、さらにはユーザーの利便性向上を実現します。

2.データ連携について
(1)概要
  出店店舗がRMSの画面上にて、送り状を発行したい受注情報を選択し、出荷予定日やお届け予定日などを入力の上、B2Web画面に推移します。そこで送り状発行のボタンを押すだけで、送り状発行が完了します。
  この連携機能を出店店舗が利用すると、ユーザーが商品を購入した際に付与される注管理番号と、宅急便の送り状番号が自動的に紐付けされるため、ユーザーは、購入履歴ページで簡単に配送状況を確認できるようになります。

(2)メリット
  ◆出店店舗
  ・RMSの受注情報データを、専用ソフトに打ちかえたり、手書きをすることな
   く宅急便の送り状が発行できるようになるため、出荷にかかわる作業時間の時
   間を削減できます。
  ・受注管理番号と送り状番号を自動で紐付けされるため、出荷後の配送状況の確
   認が容易になります
  ◆ユーザー
  ・楽天市場の購入履歴ページから、配送状況の確認が可能になります

3.ご利用について
(1)方法
出店者はヤマトビジネスメンバーズ( http://yamato-bm.jp/ )の登録(無料)を行い、連携に必要なパスワードを取得します。次に、RMS画面にて、取得したパスワードを含む必要情報を登録していただくことで、データ連携が開始されます。
(2)連携開始日: 2012年2月13日
(3)料金: 無料
(4)対象の送り状
宅急便発払い(クール宅急便含む)、宅急便コレクト、クロネコメール便、
クロネコメール便速達サービス
※宅急便タイムサービス、宅急便着払い、国際宅急便は対応しておりません

4.今後の展開
  楽天とヤマト運輸は、インターネットショッピングの出店者と消費者の双方の利便性を高めていくことで、今後もインターネットショッピングの裾野を広げてまいります。

以 上

 

このページの先頭へ