トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2012年1月17日
  • ビットワレット株式会社

電子マネー「Edy」、Amebaのネット決済で利用開始 

  電子マネー「Edy(エディ)」を運営する楽天グループのビットワレット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山田 善久、以下 「ビットワレット」)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:藤田 晋、以下 「サイバーエージェント」)が運営する「Ameba」のアメゴールド決済にEdyを導入し、本日1月17日からサービスを開始いたしましたので、お知らせいたします。

  本サービスは、全国2000万人のAmebaユーザーが、アバターコミュニティサービス「アメーバピグ」のアバターアイテムや、「Amebaモバイル」で提供しているゲームで利用できる独自の仮想通貨「アメゴールド」を購入する際にEdyでのネット決済ができるというものです。「おサイフケータイ®(注)」を搭載したスマートフォンと従来型の携帯電話に設定されたEdyで決済ができるため、従来の決済手段であるクレジットカードやキャリア決済などの一つにEdyが加わることで、ユーザーにとっては決済の選択肢が拡大し、利便性が向上します。

  Edyの主なユーザー層は30代から40代の男性ですが、Amebaユーザーは20代から30代の若年層が中心です。Edyでのネット決済の売上が伸長していることからも(2011年12月は前年同月比の1.5倍)、ビットワレットは、本サービスの導入を機に、Edyの新規ユーザーの拡大とネット決済の利用促進に期待を寄せています。

  今後も、ユーザーの利用環境にあわせた新サービスや新機能の提供を目指してまいります。


(注)「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

※「Edy(エディ)」は、楽天の子会社であるビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。

サービス概要

◆サービス開始日: 2012年1月17日(火)

◆サービス内容: サイバーエージェントが提供する「アメーバピグ」のアバターアイテムや 「Ameba
モバイル」のゲームで利用できる「アメゴールド」をEdyで購入できるサービス

◆対象機種: Edyの設定をした「おサイフケータイ®」搭載のスマートフォン
および従来型の携帯電話

以 上

このページの先頭へ