トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年12月15日
  • 楽天株式会社

楽天市場、
30時間限定のセールイベントが奏功し、
期間中の流通総額は過去最高の100億円を突破

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」において、12月13日(火)夜から15日(木)未明まで行われた30時間限定のセールイベントを開催した結果、期間中の流通総額が100億円(速報値(注1))を突破しました。

  年末商戦の山場として、13日(火)午後8時から15日(木)午前1時59分までの間、タイムセールとポイントキャンペーンを組み合わせた大規模なセール企画(注2)「お買い物マラソン」を開催したことが奏功しました。

  14日は、今年ネットで購入する傾向が高まった米や水といった日用品に加え、ボーナス支給後の消費意欲の高まりを受け、ロボット掃除機や、ファッション、コスメ、スポーツ用品などの福袋が人気となりました。また、「絆」消費として家族で食べるグルメ商材も人気で、お節やカニなどの売り上げが好調でした。

  楽天は、今後も出店店舗へのサポートの充実と、一般ユーザーの利便性の向上に努め、Eコマース事業のさらなる成長を目指してまいります。

(注1)対象事業は以下のとおり
楽天市場(通常購入・共同購入)、楽天ブックス、楽天デリバリー

(注2)エントリーをしたユーザーの購入店舗数に応じて、通常購入額の1%分が付与される楽天スーパーポイントの倍率がアップする企画。例えば、購入店舗数が2店であれば2倍、3店であれば3倍となり、最大10倍の楽天スーパーポイントが付与される。また、時間帯によって目玉商品が入れ替わるタイムセールを展開。

以上

このページの先頭へ