トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2011年10月31日
  • 楽天株式会社

楽天、台湾におけるEコマースサイト「台湾楽天市場」に
日本のファッションブランド専門サイト
「樂天STYLE VILLAGE」を開設

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、台湾で運営するインターネットショッピングモール「台湾楽天市場」において、明日1日に、日本のレディースファッションブランドを取り扱う専門サイト「樂天STYLE VILLAGE(スタイルビレッジ)」を開設しますのでお知らせします。

  「STYLE VILLAGE」は、株式会社ワールドの子会社である株式会社ファッション・コ・ラボが運営する、20代から30代前半の女性をターゲットにしたレディースファッション専門サイトで、今回、ワールド子会社の台湾和亜留土股份有限公司(以下 台湾ワールド)の既存のシステムを活用し、台湾での展開を開始します。

  同時に、楽天の子会社である台灣樂天市場股份有限公司(以下 台湾楽天)は、台湾ワールドと業務提携し、台湾楽天市場において「樂天STYLE VILLAGE」を開設し、共同運営を開始します。
  本サイトはまず、台湾ワールドが現地で展開しているブランドのほか、他社5ブランドも加えた計10ブランドでスタートし、今後順次、ブランド数を拡大してまいります。

  「台湾楽天市場」は、2008年5月に開設して以来、レディース向けのファッション商材を中心に順調に拡大しており、現在、出店店舗数は約2,000店舗、登録商品数は約150万点、会員数は約120万人と、台湾国内において最大級のインターネットショッピングモールです。

  今回、「樂天STYLE VILLAGE」を通じて台湾で人気の高い日本のファッションブランドのネット販売を展開し、これまで以上にファッションジャンルを強化することで、台湾楽天市場の既存ユーザーの満足度の向上や新規顧客の開拓を目指します。
  今後は、台湾楽天市場のトップページに「樂天STYLE VILLAGE」へのリンクを設けるほか、台湾楽天市場会員向けのメールマガジンや台湾楽天市場の公式Facebookページなどを通じて、「樂天STYLE VILLAGE」のプロモーションに取り組み、本サイトの認知度の向上を図ります。

  楽天は、今後も台湾楽天市場のユーザーが楽しくお買い物ができるよう、台湾で人気の商材を強化し、魅力あるマーケットプレイスを構築することで、楽天市場の認知度や売り上げの拡大を目指してまいります。

日本のファッションブランド専門サイト「樂天STYLE VILLAGE」概要

■開設日: 2011年11月1日(火)予定

■サイト名: 「樂天STYLE VILLAGE」

■URL: http://www.rakuten.com.tw/event/jp/stylevillage/

■スタート時取り扱いブランド(全10ブランド *順次拡大予定):
「INGNI」、「EGOIST」、「titty&co」、「DURAS」、「OZOC」、「INDIVI」、「UNTITLED」など

【参考:「台湾楽天市場」について】
・URL: http://www.rakuten.com.tw/
・開設: 2008年5月27日
・運営会社: 台湾楽天市場股份有限公司
・設立: 2008年2月22日
・所在地: 台北市 
・資本金: 新台幣5.54億元(2011年10月時点)
・総経理: 江尻 裕一 

・出店店舗数: 約2,000店舗(2011年10月時点)
・登録商品数: 約150万商品(2011年10月時点)
・会員数: 約120万人(2011年10月時点)

以上

このページの先頭へ